STUDYIT業界の資格・学習方法

  1. デスクトップ仮想化(VDI)とは

IT業界の資格・学習方法

デスクトップ仮想化(VDI)とは

NVS編集部NVS編集部

170PV

2019.07.03(Wed)

デスクトップ仮想化(VDI)とは

VDIとは?

VDIとはVirtual Desktop Infrastructureの略称で、
文字通り、PCのデスクトップ環境を仮想化して、サーバ上で動かす技術のことを指します。

皆さんが普段パソコンを使う場合、
デスクトップパソコン・ノートパソコンに関わらず、手元のパソコンで画面が表示・入力されたり、
ソフトウェアを起動したり、プログラムが実行されたり、データもPC本体に保存されたりと、全て手元のPCのみで完結します。
こういったPC環境はファットクライアントと呼ばれます。

しかし、VDIは画面の表示と操作のみを手元のPCで行い、ソフトウェアの起動やプログラムの実行・データの保存は、NWで接続しているサーバ上のみで動作します。

サーバ上に使用するユーザー分の仮想デスクトップを構築し、それを手元の端末で操作します。
ユーザーからしてみれば、操作性等のVDIと非VDIで違いを感じることはあまりないと思います。

VDI導入のメリット

VDIを導入すると、管理側に大きなメリットがあります。
既存のPC環境において、アプリケーションを追加したりする場合、1台1台にアプリケーションを追加する必要がありました。
しかし、VDIの場合、仮想化されたデスクトップはサーバ上で管理されているため、アプリケーションの追加等がしやすくなります。

セキュリティ面においてもメリットがあります。
通常VDIの利用においては、HDD等の記録媒体が搭載されていないPCを使用し、データの保存はサーバ上で行います。
ですので、万が一手元の端末を紛失したとしても、紛失した端末から情報が漏洩するリスクが低くなります。
HDD等の記録媒体は破損しやすい部品なので、HDDの破損による端末交換なども防ぐことができます。

また、セキュリティ上重要なWindows Updateの更新などもサーバで一元管理することができるため、
更新漏れ等が発生しにくい環境を作ることができます。

他にも、VDIはNWに繋がっていさえすれば、どこにいても仮想化された自分のデスクトップにアクセスすることができます。
そのため、今まではセキュリティの観点から禁止されていたPCの社外への持ち出しなども、
VDI用の記録媒体を搭載されていないPCであれば持ち出し可能になるかもしれません。
そうなれば、在宅ワークが進むなど今まで以上に働き方に選択肢が出てくることが予想されます。

おわりに

如何だったでしょうか?
今回はVDIについてご紹介させていただきました。
VDIはシンクライアントと呼ばれる、利用者が使用するクライアント(つまりPC)に最低限の機能しか持たせず、
コンピュータリソースの管理をサーバ側で行う方式の手法の一つで、画面転送型のシンクライアントになります。

画面転送型のシンクライアントはVDIの他にも、サーバベース、ブレードPC型などもあります。

このようなVDIは手元のPCとサーバがNWで接続されていることが前提で成り立っています。
VDIに限った話ではないですが、これからの時代、NWの重要性はますます高まっていくことでしょう。



この記事を書いた人

ページトップに戻る

CATEGORYカテゴリ

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。