NEWSIT業界のニュース

  1. 女性ITエンジニアに適した服装とは?

IT業界のニュース

女性ITエンジニアに適した服装とは?

NVS編集部NVS編集部

392PV

2018.09.10(Mon)

女性ITエンジニアに適した服装とは?

ITエンジニアとして働いている、もしくは働きたいと考えている女性の中には「新しい職場ではどのような服装で勤務をしようかな?」「女性は特に決まりがなさそうだから、服装は何でも良いのかな」と、服装について一度は悩むという人が少なくありません。
今回は女性だからこそ気をつけてほしい、服装のポイントをはじめ、女性エンジニアの服装事情について紹介します。

女性ITエンジニアの服装事情とは

ITエンジニアに限らず企業で働く女性全般に言えるのが、男性よりも女性の服装に関する規定は緩いということです。
もちろん、ある一定規模の企業であれば男女ともに服装規定はあります。しかし、女性の場合には服装の自由度が男性よりも高いことから、最低限の規定さえ守れば、後はその部署や周囲の裁量で判断されているという印象が強いです。
自由度が高いことは喜ばしいのですが、その一方で「現場では、どのような服装で働けば良いのかな?」と悩んでしまう人がいるのも実情です。

女性の中でも、ITエンジニアをはじめとするIT関連の職種は特に現場における服装の幅が広いのが特徴として挙げられます。もちろん、業界や業種によっても多少の差はありますが、私服からビジネスカジュアルまで様々です。
働きはじめた頃に服装について職場の人に相談をすると、「何でも良いですよ!」と言ってくれるかもしれません。しかしその言葉には、『最低限の常識さえ守ってくれれば』という言葉が隠れていることを忘れないようにしましょう。

女性ITエンジニアが気をつけるべき服装のポイントとは

ではどのようなポイントを押さえた服装選びをすればいいのでしょうか?

・過度な露出をしない
服装の自由度が高いからといって、露出の高い服装は避けるべきです。例えば薄手のキャミソールや胸元がおもいっきり見える服装、お尻が見えそうなぐらいの丈が短いスカートやズボンで勤務は控えましょう。
まず理由の一つとして目のやり場に困ってしまうということが挙げられます。男性が視線を間違えると、すぐにセクハラとなってしまうケースが想定されるため、結果的に働きづらくなってしまうのです。
また、服装を注意しようにも、男性からの注意は同じくセクハラになっていまいがちです。つまり、服装についての指摘は上司といえども、男性サイドからはしづらいのが現状です。
ジャケットやカーディガンを羽織ったり、長めのズボンやスカート履いたりするなどの配慮が必要となってきます。

・高すぎるヒールは避ける
日頃からヒールの高い靴を好む女性もいるでしょう。しかし現場では『ヒールは避ける方が無難』だと言われています。その理由は、「ヒールの“カツカツ”という音が耳障り」「転ばないか心配」などヒールに対するネガティブな印象を持つ人が少なくないからです。
また企業によっては『ヒールにコードが引っかかったために、システムがダウンした』という内容も報告されています。こうした現場では、いくら本人が「気をつけます!」と言っても、仕事が止まってしまうリスクを負ってまで許可は出来ません。
どうしてもヒールの高い靴を履きたい場合には、仕事中は別の靴に履き替えて、通勤時のみヒールの高い靴を履く方が、不要なトラブルは回避出来るでしょう。

ジャケットは会社に常駐させよう

いくら自由な服装を許可されているといっても、不意の来客や外出に対応しなくてはならない場合もあります。
このような時のために、『普段の服装に合わせやすいジャケット』を一枚持っておくと、急な来客などに大変便利です。特に初めて会いするお客様の場合には、同じ服装でもジャケットの有無で印象がガラリと変わります。こうしたとっさの気遣いが出来るだけでも、周囲に与える印象は大きく違うのです。特に、堅い雰囲気の企業やお客様の場合には、好印象に間違いありません。
最近では、服装に合わせて選べるようにと襟なしのジャケットも登場しました。ビジネスカジュアル がOKな女性だからこそ、フォーマルなジャケットだけにこだわる必要はありません。ジャケットを持っていない人は、ぜひこの機会に普段の服装に合うジャケットを探してみてはいかがでしょうか。

メイクにも気を配ろう

女性にとって、服装と同じくらい重要なのがメイクです。メイクは社会人としての身だしなみとして当たり前のことですが、いくら自由な服装だと言われていても、派手すぎるメイクは控えた方がいいでしょう。
例えば盛りまくったつけまつげなどは、周囲が驚いてしまうことがあるため、抑えて使用する方が無難です。
髪色も職場の雰囲気に合わせて適度に調整する方が安全です。職場の雰囲気にもよりますが、明るすぎるトーンだと、現場はもちろん取引先やお客様が引いてしまう場合があります。
もちろん、『個性を出すな』と言っているわけではありません。ですが仕事能力ではなく、外見だけで仕事がやりにくくなっては、元も子もありません。そのため、仕事を円滑に進めるためにも、50%〜70%ぐらいの状態で普段の自分を出されることをおすすめします。

香水の使用は大丈夫なのか?

メイクと同じくらい、身だしなみの一つとして女性から重要視されているのが香水です。
日頃から香水を使用するのが習慣化されている女性は、使用量が適量であるのか、一度確かめてみた方がいいでしょう。
現状、香水をはじめとするにおいに関する悩みは職場でも多く挙げられています。女性の場合には、特に香水の香りが問題となるケースが少なくありません。自分には好みのにおいであっても、周囲からは「ちょっとキツイな」と感じることはあるのです。


いかがでしたか?
ポイントさえ押さえてしまえば、悩みがちな女性の服装選びもさほど難しくないことがお分かりいただけたことでしょう。
自分らしさを残しつつ、会社に適した服装選びが出来るようになるといいですね。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

CATEGORYカテゴリ

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。