RECRUITIT業界の就職・転職

  1. 【適性】ネットワークエンジニアに向いている人とは

IT業界の就職・転職

【適性】ネットワークエンジニアに向いている人とは

NVS編集部NVS編集部

658PV

2017.08.16(Wed)

【適性】ネットワークエンジニアに向いている人とは

人によって向いている分野、向いていない分野がありますよね。
もちろん向いている方を選択できれば、物事をスムーズに展開していくことができます。
これは趣味だけでなく仕事に関しても同じことが言えると考えられます。

では、もしあなたが「ネットワークエンジニアになりたい」と思ったらネットワークエンジニアになれるのでしょうか?

そんな疑問を解決するために、今回はネットワークエンジニアに向いている人の共通点についてご紹介していきます。

ネットワークエンジニアに向いている人の共通点




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークエンジニアに向いている人の共通点は以下の3つです。

周辺機器やプログラミングについて興味があるか


まず、あなたがコンピューターだけでなく「モデムやルーターなどの周辺機器やプログラミングについて興味があるかどうか」を考えてみましょう。

コンピューターに興味がある人はたくさんいます。
とはいっても、ほとんどの人が仕事で資料作成の効率を上げるためにWordやExcelの使い方を知りたい傾向にあり、コンピューターの内部設計やどのようにして無線 LAN を高速化できているのかを知りたいと考えている人は少ない傾向にあります。
なので、パソコンのスキルアップに興味がある人はまだネットワークエンジニアに向いているとは言えないのかもしれません。

しかし、パソコンにしか興味がなかった人が家電量販店などでモデムやルーターなどの通信機器を見たときに、「こんな機械で、どうやってインターネットに繋いでいるんだ?」と疑問を持ち始めたら、その延長線上であるネットワークエンジニアに興味を持ち始めることがあります。

ネットワークエンジニアに興味を持ち始めると、ITスクールに通ったり独学で勉強を始めたりするようになります。
そして、ネットワークの知識が徐々に深まっていき自分でネットワークを構築できるようになっていきます。

それがきっかけでネットワークエンジニアを職にしようと考える人もいるので、「モデムやルーターなどの周辺機器に興味を持てるかどうか」がネットワークエンジニアに向いているかどうかだと判断してもらうことができます。

同じ作業を繰り返すことが苦にならない


ネットワークエンジニアは、デスクワークが中心でコツコツと作業を進めていくことが多いです。

ここで言う「同じ作業を繰り返すことが苦にならない」とは、 1日中プログラムを書いていても苦にならない、またはネットワークを構築していても苦にならないといったことがあげられます。
そのため、上記の例に当てはまる方はネットワークエンジニアに向いていると考えられます。

ネットワークエンジニアにとって必要な能力があるか


ネットワークエンジニアは「正確な情報収集ができるか」「分析力があるか」「コミュニケーション能力があるか」が大事になってきます。

ネットワークエンジニアとしてのスキルが上がってくると、クライアントとの打ち合わせに参加することが増えてくるようになります。
そこで、いかに相手が欲しがっているシステムを開発するための情報収集ができるか、的確に情報を見抜く分析力があるか、この「情報収集力」と「分析力」を活かすためにもコミュニケーション能力が必要となってくるわけです。
コミュニケーションを何回も繰り返すことによって、お互いに認識を合わせていけるので、相手の望むシステムを開発することにつながっていくのです。

いわば、「情報収集力」「分析力」「コミュニケーション能力」があるかどうかで、ネットワークエンジニアに向いているかどうかが大きく分けられるといっても良いかもしれません。

ネットワークエンジニアに向き不向きはあるの?




(画像引用元:Unsplash)

結論から先に言いますと、ネットワークエンジニアに向いてる人向いていない人はそれぞれいらっしゃいます。

向き不向きを見極めるためには以下の4つに注目してみましょう。

知識を吸収することが楽しいと思えるか


ネットワークエンジニアに向いていることを見分ける方法は「知識を吸収するのが楽しい」と思えるかどうかではないでしょうか。

たとえば、歌が好きだから趣味で歌っているとします。
そんな人がもし歌唱力が上がる動画を見つけたら、自ら進んで動画を見るのではないでしょうか。
それと同じで、ネットワークエンジニアとしての仕事が楽しいと思えるのであれば、勉強も楽しく感じます。

その結果、スキルの上達も早く知識の習得も早いので資格も早く取得することができるようになるのです。

IT関係の情報に敏感


IT関係の情報に敏感な人も、ネットワークエンジニアに向いていると考えられます。
なぜなら、現在どんな技術が世界にあって今後どうなっていくのかを予想することができるからです。

最新の情報を収集していると、「この技術がもっと世の中に広がればあのスキルが使えるようになるな。よし、勉強をして資格を取得しよう」といったことまで視野が広がっていくかと思います。

忍耐力


また、忍耐力と一度始めたら最後までやりきる力がある人は非常に強いです。

ネットワークエンジニアの仕事は、プログラムを作って試験して失敗しての繰り返しが9割以上を占めているといっても過言ではありません。
特に忍耐力が試されるのは、このシステム開発段階です。

何回も試験して失敗していたら誰でも嫌になりますよね。
しかし、忍耐力があると「これでダメなら、こっちでどうだ!」といった感じで、次々と開発を進めていくことができます。
そうしていくことで、 より完成度の高いネットワークシステムを構築することができます。

遂行力


また、忍耐力と似ているのですが「遂行力」も重要です。

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークシステムを納品する期限が設けられています。
そのため、一度プロジェクトに携わると途中でやめることができません。

例えば、大規模なネットワークシステムを開発する大型プロジェクトに参加したとします。

参加した際に、各メンバーにどの工程で作業をするかが告げられます。
たとえ苦手な工程を作業する事になってしまっても、プロジェクトメンバーと協力してプロジェクト案件を最後まで遂行できる人物がネットワークエンジニアに向いているといえるのかもしれません。

ネットワークエンジニアの理想の人物像




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークエンジニアに向いている人と向いていない人についてご紹介してきましたが、理想の人物像を簡単にまとめました。

  1. 周辺機器やプログラミングに興味がある

  2. コツコツと同じ作業を繰り返すことが好き

  3. ネットワークの知識を習得することを楽しいと思える

  4. IT業界のニュースに敏感

  5. 情報収集力、分析力、コミュニケーション能力に長けている

  6. 忍耐力がある

  7. 遂行力がある


これらの人物像に当てはまる人は、ネットワークエンジニアに向いていると言えるでしょう。

もし当てはならない項目があるとしても、周辺機器やプログラミングに興味があれば挑戦してみてもいいかもしれませんね。

まとめ


いかがでしたか?

今回はネットワークエンジニアに向いている人の人物像についてご紹介しました。
実際にやってみないと本当に適性があるかどうか分かりませんが、当てはまった人はネットワークエンジニアに挑戦してみる価値があるかと思います。

ネットワークエンジニアになりたい人や向いていると思った人は、是非挑戦してみましょう。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。