CAREERITキャリアアップ

  1. IoTの開発で必要とされるエンジニアになる!IoTの基礎知識

ITキャリアアップ

IoTの開発で必要とされるエンジニアになる!IoTの基礎知識

NVS編集部NVS編集部

28PV

2017.08.16(Wed)

IoTの開発で必要とされるエンジニアになる!IoTの基礎知識

現在では「IoT」という言葉を耳にすることも多くなってきているのではないでしょうか。

IoTとは、パソコンであればプリンターなどのIT関連機器に接続できるといったシステムが、IT関連機器以外の様々なものに接続できる環境を指しています。

今回は私達の身近な存在になってきているIoTの基礎知識と、IoTで必要とされるネットワークエンジニアになるにはどうしたら良いのかをご紹介していきます。

IoTの基礎知識




(画像引用元:Unsplash)

みなさんはIoTの知識をどれほど知っていますか?
最近ではネットなどで見かけることも多い単語なのではないでしょうか。

IoTとは、パソコンとパソコンの周辺機器以外の通信機能を利用して物同士をつなげるネットワーク構成です。
具体的には、企業内で次のような要望が出たときにIoTのネットワーク構成を組み立てることになります。

・遠くにある製品を遠隔操作で別の場所に移動したい
・遠くにある製品の状態をリアルタイムで把握したい

では、実際に利用されているIoT機器はどんなものがあるのでしょうか。

すでに利用されているIoT機器


実は、この2つの要素を実現しているIoT機器が登場しています。
それが「ドローン」です。
YouTubeやテレビでもよく取り上げられているので、見たことがある人も多いのではありませんか?

ドローンはリモコンによる遠隔操作が可能なうえに、カメラを取り付ければ人間が立ち入ることができないような場所にでも入っていくことができます。
これは、IoTのネットワークシステムだからこそ実現できたと言えます。

たとえば、ドローンを遠隔操作することによって遠くへ物資を提供することができます。
また、カメラを取り付けておけばドローンから見えている風景をリアルタイムで携帯やタブレットから見たりすることができます。

このように、IoTとは物と物、ここでいうドローンと携帯・パソコンをネットワークでつなぐシステムのことを指しています。

ドローン以外で使われているIoTシステム


実は、みなさんがふだん使用されている「Googleマップ」にも、IoTの技術が使われています。

「Googleマップ」があなたの現在地点から目的地を入力するだけで、瞬時に各交通手段の情報を表示できるのは、IoTシステムを使っているからです。
Googleマップでは、GPSと呼ばれている「人工衛星」とネットワークで繋がっており、どうすれば目的地に着くのかをGPSと連動して判断し計算しているのです。

ネットワークエンジニアとIoTの関係性




(画像引用元:Unsplash)

次に、ネットワークエンジニアとIoTにどういった関係性があるのか考えてみましょう。

ネットワークエンジニアの仕事はパソコンと周辺機器を繋げることを主な仕事としているIT企業が多いです。
その中でも、ネットワークエンジニアとしての仕事は変化してきています。
それが「IoT」だと考えられます。

次に、ネットワークエンジニアにとってIoTは従来のようにパソコンと周辺機器をネットワークエンジニアで繋げる業務だけではなくなっており、ネットワークを管理・保守するセキュリティスキルも必要となっています。

そのため、ネットワークエンジニアはIoTネットワークの構築だけでなくネットワークセキュリティにも精通した仕事が一般的になってくると予想されます。

一般化してきているIoT


現在では、パソコンでアプリを取得して対応しているプリンターに画像を送るとその画像が印刷できる、携帯から自宅のエアコンを遠隔操作できるなど、IoTのシステムが我々の日常に浸透してきています。

もはや、生活の一部と言っても過言ではない領域にまで差し掛かってきていると言えますね。

IoTの一般化に伴って変化していくことは、ネットワークエンジニアはIoTの知識だけでなく、高度な状況判断能力が必要になってきます。
つまり「世間が何と何を繋ぐことを求めているか」を考えてIoTを開発していくこと必要だと言えます。
この考えは、クライアント企業に対しても言えることです。

相手企業がどんなシステムを必要としているか理解したうえで、どんなシステムにすべきかを考えて新たなシステムを構築する必要があります。
ここでは、専門知識だけでなく企業への提案力や情報分析力、ヒアリング力も必要になってきます。
つまり、IoTではITスキルと同様にコミュニケーション能力が必要になってくるでしょう。

IoTで必要とされる人材になるための方法




(画像引用元:Unsplash)

IoTで必要とされるには、ネットワークシステムの基礎を理解することから始めることです。

IoTはネットワークシステムの組み合わせ


IoTは既存のネットワークシステム技術を組み合わせることによって実現できます。

つまり、ネットワークの基礎技術を理解できていれば、現場で仕事をこなしていく中で自然と応用力が身に付いていき、ケースごとにどうやって価値を提供していけば良いかが分かるようになっていきます。

専門用語を分かりやすく説明しあう


IoTはネットワーク業界と異なる業界の方々との共同プロジェクトになります。
そのため、お互いの業界でしか使わないような専門用語もたくさんあります。

IT業界の専門用語を詳しく説明できたり、相手の業界用語を分かりやすく解釈することができることは、IoTで必要とされる人物の要素のひとつです。

以上の2つを理解し実行できるようになれば、IoTで必要とされる人材になることができます。

では最後にIoTとして実力を証明する方法をご紹介します。

IoTの実力を証明する方法はあるのか


あなた自身が、IoTの開発に必要とされるエンジニアであると証明するためには資格の取得という方法があります。
おすすめの資格とは「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」です。

この試験は、情報処理技術者試験に分類されている国家資格で、IT企業から高いIT技術を持っていることを証明できる資格となっています。
試験内容は、組み込みシステムをハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせて構築していき、クライアントに求められる情報システムを作り出せるかといった内容です。

この資格を取得しておけば、IT技術者として必要とされるエンジニアになることができると考えられます。

まとめ




(画像引用元:Unsplash)

ここまでIoTの基礎知識をご紹介してきました。

IoTの開発で必要とされるネットワークエンジニアになるには、現在普及している通信規格は網羅しておいた方が良いでしょう。
なぜなら、一部のネットワーク構成技術に特化している人材がいたとしても、すべてのネットワーク構成技術に対応できる人材が少ないからです。

できることなら、すべての通信規格についてスキルを高めておきたいですよね。

まずは、一つ一つの通信規格を確実に習得していき、将来的にはIoT開発で必要とされる人材になっていきましょう。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。