NEWSIT業界のニュース

  1. ITエンジニアの「服装自由」は本当なのか?

IT業界のニュース

ITエンジニアの「服装自由」は本当なのか?

NVS編集部NVS編集部

354PV

2018.05.15(Tue)

ITエンジニアの「服装自由」は本当なのか?

ITエンジニアの求人情報や会社案内を見ると「服装自由」と謳っている場合が多く見受けられます。
この「服装自由」というのは本当なのでしょうか?説明していきましょう。

服装自由とスーツについて


現在のIT業界は他業界よりも、私服もしくはビジネスカジュアルでの勤務が推奨されているケースが多く、それに伴って「スーツ」という縛りがなくなる傾向があります。それがいわゆる「服装自由」という表現となっているのです。
現代社会においてのスーツはいわば「パブリックからオフィシャルな自分を演出する」という服装です。そのスーツの着用がないということは、「スーツを着用せずにオフィシャルな自分を演出する」必要があります。

IT業界においての「服装自由」とは?


つまり、「服装自由=なにを着てもいい」というわけではありません。例えばTシャツにジーパンがオフィシャルにふさわしいでしょうか?そのように考えていくと、どのような服装がふさわしいかが自ずと分かってくるはずです。もちろん中には「本当に服装が自由な会社」もあります。もし気になるのであれば、入社時に服装についてしっかりと聞くことが大切です。しかし「本当に服装が自由な会社」であっても、社内の人はもちろん、来客の方など、様々な人が服装をチェックしていると考えながら行動すれば、他者に不快感を与えたり、会社の評判を落とすなどの大きな間違いは犯す可能性は激減するでしょう。



 

どの程度服装自由なのかを聞く時のチェックポイント


とはいえ、入社時にどのようなことを聞けばいいのかいまいち分からないという方も多いでしょう。また、何かとロングワークになりがちなIT業界では、服装自由を「ラクな恰好」と捉えてしまいがちでもあります。そして色々な事を考えすぎて「服装自由スパイラル」に陥ってしまいがちです。
勤務開始となってから迷わないためにも、要点を絞って質問するとよいでしょう。例えばビジネスカジュアルと一言にいっても「襟なしシャツ」を認めているのか否か。そして「デニム、ジーパンは禁止」「サンダル、突っかけは防犯上の理由から禁止」などの項目もきちんと確認しておきたいところです。その他細かい但し書きが存在するのかどうかもチェック漏れがないようにしましょう。

聞いてもよく分からない時は?


細かく聞いてもよく分からないという場合もあります。誰しもが服装の知識に長けているわけでもなく、むしろ苦手という方もいます。その場で説明されてメモをしても、なにを買っていいのか分からないケースもあるでしょう。
その場合は、既に在籍している社員の服装と似たテイストの洋服を着用すれば問題ありません。いくら洋服に疎くても、「あの人の服装、好きだな」という曖昧な感情はあるでしょう。その感情を大切にして、似たような洋服で出勤すれば問題ありません。全く同じ洋服を買いそろえるのはNGですが、似たようなテイストであれば社内に溶け込めるはずです。


服装自由のコーディネート例


今後就職する予定のある方、そして現在コーディネートに困っている方のために、コーディネートの一例を掲載します。

■柄物シャツ

ネクタイとニットとの相性も抜群です。何枚か買いそろえておけば、毎日のコーディネートに変化を付けることが出来ます。
柄に迷ったら店員さんに相談しましょう。

■ジャケット×パンツスタイル

オフィスカジュアルの王道。定番は濃い目の色のジャケットにグレーなどの淡い色のパンツというスタイルです。
スーツの時の肩苦しさはなく、ラフでいてかつキッチリした印象を与えることができます。
暑い時はジャケットを脱いでも様になるように、トップスにも気を配りましょう。

■ニット

薄手のニットがおしゃれに見えます。
寒い時はシャツと重ね着を、暖かい時は一枚でも様になります。
シャツと重ね着している時にはネクタイを締めれば引き締まった印象を与えることが出来ますよ。

■チノパン

チノパンはオフィスカジュアルに欠かせないアイテムです。
ジャケット、シャツ、ニット、どのアイテムにも合わせることが出来ます。
ベーシックなのは茶色やシックな色です。生地もカジュアルすぎない物を選ぶようにしましょう。

■濃い色のジーパン

ジーパン禁止の職場ではNGですが、ブラックやかなり濃い色のジーパンはオフィスカジュアルに使えるアイテムです。
もちろん汚れていたりダメージがあるもの、極端なブーツカットはNGですが、
生地がしっかりとした濃い色のジーパンはオフィスカジュアルにも最適です。

もちろんここで挙げた以外にもオフィスカジュアルとして最適なアイテムはたくさんあります。
慣れたら小物使いにも気を配るといいでしょう。
いかがでしたか?
「服装自由」はいわば自分のセンスを試される一言でもあります。
正しい洋服選びをして、社内で悪目立ちしないようにしましょうね。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。