NEWSIT業界のニュース

  1. Python ネットワークエンジニアに必要なプログラミング言語

IT業界のニュース

Python ネットワークエンジニアに必要なプログラミング言語

NVS編集部NVS編集部

831PV

2018.04.24(Tue)

Python ネットワークエンジニアに必要なプログラミング言語

ネットワークエンジニアとしてステップアップするには、資格の取得が近道です。しかし、もう一つ習得すべきスキルがあります。
それは「Python」というプログラミング言語です。
今回はネットワークエンジニアにとってのプログラミングスキルとPythonについて説明していきます。

なぜネットワークエンジニアにプログラミングスキルが必要なのか?


ネットワークエンジニアは、コンピュータネットワークの設計、構築、運用保守に特化したエンジニアです。ルータやスイッチ、メール、DNS、ファイアウォールといったデータ通信関連の知識・スキルを用いてネットワークシステムの構築を行います。
今までネットワークエンジニアはネットワークに関する知識は求められましたが、プログラミングでの開発スキルを求められることはあまりありませんでした。しかし近年、ネットワークエンジニアにもプログラミングスキルが求める企業が増えてきています。

それはどうしてなのでしょうか?


効率化と仮想化ネットワークの普及


近年ではサーバー構築ができるインフラエンジニアの需要も増えています。そのような背景から、ネットワークエンジニアにもプログラミングでの開発スキルを求めることが多くなってきました。作業の効率化や人件費削減の面から考えても、今後はネットワークの知識だけではネットワークエンジニアとして活躍することは難しくなっていく可能性もあります。
また近年、仮想化ネットワークが注目されています。仮想化ネットワークでは、プログラミングを行いネットワークシステムを構築します。仮想化ネットワークをプログラミングで制御することにより、サーバーの増減に併せてネットワークを自動で再構築できるようになります。そのため、ネットワークエンジニアでもプログラミングが出来るエンジニアが重宝され、ステップアップしやすくなっているという現状があるのです。

ネットワークエンジニアとPython


では、これからネットワークエンジニアとしてさらに活躍するためにはどのようなプログラミングスキルを習得すべきなのでしょうか。
まずネットワークエンジニアとして身に付けておきたいスキルにPythonがあります。Pythonはインフラ周辺で使用されている言語です。仮想化が普及してきた近年では、Pythonのプログラミングスキルを持つネットワークエンジニアを必要としている企業が増えています。Pythonによるプログラミングはネットワーク構築の自動化を可能にするため、仮想化ネットワークの普及には欠かせません。これからネットワークエンジニアとして活躍し続けるのならば、習得しておきたいプログラミングスキルと言えるでしょう。

Pythonとはどのようなプログラミング言語なのか?


Pythonは「パイソン」と読みます。組み込み開発、WEBアプリケーション、デスクトップアプリケーションなどで利用される言語のことです。また、最近何かと話題の人工知能や機械学習の分野では、Pythonが使われているケースが多く今人気の言語とも言えるでしょう。言語としての特徴では、文法がとても単純で、だれが書いても同じような感じになり可読性が高いです。教育言語としても利用されることが多い言語でもあります。


Pythonの特徴とは


Pythonは以下のような特徴があります。

・文法がシンプルで読みやすい
もともと、シンプルで効率的に書けることを目指している言語です。非常に文法がシンプルなため、プログラミング初心者が学習するのに、おすすめな言語と言えるでしょう。

・専門的なライブラリが豊富にある
Pythonでは、数万個以上の豊富なライブラリが公開されています。このライブラリを使って、欲しいプログラムが簡単に作成できます。
ライブラリは数値計算系から、ネットワーク系、ウェブ開発系まで種類は多岐に渡ります。

このように、とても使いやすい言語というのが特徴といえるでしょう。

Pythonで出来る事は?




Pythonでは様々なプログラムが比較的容易に開発できます。開発できる物の一部は以下の通りです。

・組み込み開発
・WEBアプリケーション
・デスクトップアプリケーション
・機械学習

上記の一例は一部の物です。これに加えて、ネットワーク系の制御やプログラムもPythonで書かれていることが多く、ネットワークエンジニアにとっては必須の言語といえるでしょう。
いかがでしたか?
少し前まではシステムエンジニア、ネットワークエンジニア・・・などというように、分業制が当たり前でした。しかし、仮想化ネットワークの普及により、当たり前であった分業制が崩れつつあります。ネットワークエンジニアといえども、様々なスキルを身につけ、あらゆることに対処していかなくてはならない時代に突入したといえるでしょう。
Pythonは数あるプログラミング言語の中でも身につけやすいプログラミング言語です。ネットワークエンジニアとして飛躍したい方は是非身につけることをオススメします。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

CATEGORYカテゴリ

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。