STUDYIT業界の資格・学習方法

  1. これからネットワークの勉強をする人におすすめの「入門書籍」

IT業界の資格・学習方法

これからネットワークの勉強をする人におすすめの「入門書籍」

NVS編集部NVS編集部

36PV

2017.08.16(Wed)

これからネットワークの勉強をする人におすすめの「入門書籍」

ネットワークエンジニアを目指されている方は、みなさん勉強に励んでいますよね。
中にはネットワークエンジニア関係の書籍をたくさん買い込んで独学で学んでいる人も居るかと思います。

そこで今回は、これからネットワークエンジニアの勉強を始める方向けに、どんな本を買えば良いかご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ネットワークエンジニアの勉強方法




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークエンジニアの勉強法には、次の2種類あります。

  1. 参考書を買って、独学で勉強する

  2. ITスクールに通って、講師からスキルや知識を教わる


それでは、それぞれの勉強法について解説していきます。

参考書で勉強をする


参考書で勉強するうえで一番重視すべき点は「自分が理解できるような説明が書いてあるか」です。

参考書といっても、上級者向けの本から初心者向けに分かりやすく書かれている本まで幅広いユーザーに向けた本が置かれています 。

もしも、あなたが上級者であれば上級者向けに書かれている中でも理解出来るような本、初心者であれば誰もが理解できるようなわかりやすい説明が書かれている本を選択すべきだと考えられます。

次に、 ITスクールに通ってスキルや知識を教わる方法を見ていきましょう。

ITスクールに通って勉強をする


あまり時間をかけずにネットワークエンジニアの知識やスキルを身につけたい方はITスクールで学ぶ方をおすすめします。

なぜなら、 IT スクールでは講師の方がついてくれるので、疑問に思ったこともすぐ質問できるためです。
IT スクールに通う中で一番大きなメリットは、直接パソコンでネットワークを構築しながら指導を受けられることです。

では、それぞれの特徴が把握できたところで、ネットワークエンジニアにはどんな参考書や入門書が向いているのかをご紹介していきます。

ネットワークエンジニアの入門書




(画像引用元:Unsplash)

まずは、ネットワークエンジニアの 入門書としてお勧めできる本をご紹介していきます。

紹介する本の中には、聞いたことがある名前の入門書、すでに持っている入門書などが登場する場合があります。
今一度、ネットワークの基礎から勉強し直したい方にもお勧めできるので、是非ご参照ください。

ネットワークの基礎を学べる本


「ネットワークはなぜつながるのか 知っておきたい TCP/IP、 LAN、光ファイバの基礎知識」 という書籍をご紹介いたします。

この本の主な特徴は以下の3つです。

ネットワークの全体の動きがわかる


この本では、 入力されたデータがどのようにして 様々な形に姿を変えながらweb サーバーへ届くのかを描いているので、非常にわかりやすい構成になっています。

TCP/IPが確実に理解できる


TCP/IP・MACアドレスといった「何となくイメージはできるけどどういったものかがよく分からない」用語が、 現実の機器とソフトウェアがどのように動くかを知ることで理解出来るようになります。

光ファイバーの仕組みが理解できる


この本ではADSLでの信号化の技術や伝送方法、なぜ光ファイバーがこれほどまで高速化できているのかといった仕組みまで詳しく解説しています。

この本は、まさにネットワーク初心者が知りたい内容を網羅している本となっています。

ネットワークエンジニアを目指している方は、このような入門書を使って勉強して行くと良いかもしれません。

それでは次に、すでにネットワークエンジニアの方にお勧めできる本を紹介していきます。

ネットワークエンジニアにおすすめの本




(画像引用元:Unsplash)

ここでは「インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門」という方法をご紹介していきます。

実際の現場で起きるエラーが想定されている


この本の特徴は「実際の現場で起こるかもしれないエラーを想定して、そのエラーに対する実践的な対処方法が描かれている」ということです。

どんな本でも、始めは理論的な説明になりやすい傾向があります。
しかし、この本はネットワークエンジニアを対象に書かれている本なので理論的な説明を省き、実践で必要とされる基礎技術や設定ポイントをまとめた1冊になっています。

具体的に、冗長化構成でのネットワーク機器の動作を知りたい人におすすめです。
IPアドレスの振り方から冗長化された機器の片方がダウンした時のネットワークの経路などが説明されています。

この本は、ネットワークエンジニアになりたての初心者から中級者、そしてシステム管理者の視点で見ても参考になると考えられます。

上流工程から下流工程まで「どういった流れで仕事が進んでいくのか」も詳しく記載されているので、他の工程がどのように処理されているかが明確に分かるようになっています。

一連の流れを知っておくことで、実際に現場で働くようになったときに自分が現在行なっている工程を理解することができるようになります。

この本は、ネットワーク概念の理解を深めたい方にもおすすめです。

是非一度、ご参照ください。

まとめ




(画像引用元:Unsplash)

今回は「ネットワークエンジニアを目指している人」と「現在のネットワークエンジニアとしての自分からステップアップしたい人」という2つの異なる視点から、それぞれ1冊ずつ本を紹介させて頂きました。

特に、今回ご紹介した「インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門」という書籍は、ネットワークエンジニアにおすすめの本でご紹介した「ネットワークはなぜつながるのか 知っておきたい TCP/IP、 LAN、光ファイバの基礎知識」とあわせて読んでみてください。

そうすることで、ネットワークエンジニアという仕事がどういった内容なのか理解が深まるかもしれません。

是非一度、読んでみてください。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。