STUDYIT業界の資格・学習方法

  1. 【CCNA】【速報】シスコ技術者認定試験が変わります!

IT業界の資格・学習方法

【CCNA】【速報】シスコ技術者認定試験が変わります!

HIROHIRO

2731PV

2019.06.14(Fri)

【CCNA】【速報】シスコ技術者認定試験が変わります!

■■□―――――――――――――――――――□■■
★就職率98%の無料ITスクールはこちら★
https://www.netvisionacademy.com/lp/

★上京してITエンジニアになりたい方はこちら!今ならキャンペーン中につき、上京時の家賃が最大2ヶ月無料★
https://www.netvisionacademy.com/lp/tokyo/

★じっくり検討したい方はコチラのページもご覧下さい★
https://www.netvisionacademy.com/
■■□―――――――――――――――――――□■■

2020年2月24日に現行のCisco社の試験、CCNA、CCNP、CCIEなどが全て一新されるというニュースが入りました。

今回は非常に大幅な改定が入っています。
そちらについて、ご紹介していきたいと思います。

■改定内容

・Associate/Professionalレベル認定取得に必要な前提条件の廃止
・アソシエイト/プロフェッショナル レベル認定取得に必要な前提条件の廃止
・継続教育オプション:すべての受講者が利用可能に
・CCNA 認定の集約化と改定
・認定20 年以上の CCIE ホルダーのための新たな有効期間
・新しい DevNet トレーニング (アソシエイト、スペシャリスト、プロフェッショナルの各認定)

CCNA 認定の集約化とDevNetの新設が非常に大きなポイントかと思います。

■CCNAの改定前、改定後

CCNAとはAssociateに属される資格で、改定前は10の分野に分かれていましたが、改定後は1つにまとめられています。
CCNA認定後は、次のような幅広いトピックを網羅する必要があります。
・ネットワークの基礎
・ネットワークアクセス
・IP接続
・IPサービス
・セキュリティの基本
・自動化とプログラマビリティ
DevNetほどではありませんが、自動化とプログラマビリティの要素も入っているということになります。

現行の10個のCCNA認定は、この新しいCCNAの後になにもつかないものに置き換わることになります。
CCNPにつきましても、CCNP Enterprise認定というものに置き換わります。

■CCT(Cisco Certified Technician)

2020年の改定後ではエントリーがCCENTから、CCT(Cisco Certified Technician)となります。
CCTはCCT(Routing and Switching)とCCT(DataCenter)の二つから構成されています。

CCT(Routing and Switching)は、Router、Switch重視の知識で、
Cisco IOS、ケーブル接続、インターフェースや機器の識別などの知識が必要になります。

CCT(DataCenter)は、Server重視の知識で、
サーバ、ケーブル接続、インターフェースや機器の識別などの知識が必要になります。
 
CCTでは、Cisco機器の診断、復元、修復、及び交換する技術を得ることができ、
取得者はTAC(Cisco Technical Assistance Center※)と緊密に連携し、迅速かつ効率的に問題を解決できるようになります。
 
※TAC Cisco社の技術部門

■DevNet認定プログラム

新設されたDevNet認定試験は、
ソフトウェア開発、DevOpsのエンジニア、自動化の専門家、及びその他ソフトウェアの専門家の為の資格です。
新しい種類のITプロフェッショナルのための重要な新技術スキルである
ネットワーク、IoT、DevOps、クラウドのためのアプリケーション、自動化、インフラストラクチャの技術力が認定されます。

試験には以下の知識が必要になります。
・APIの理解と使用
・Ciscoプラットフォームと開発
・アプリケーション開発とセキュリティ
・インフラストラクチャと自動化

まず「DevNetAssociate」について、
認定の正式な前提条件はありませんが
pythonプログラミングを含むソフトウェアで1年以上の開発試験が理想的となっています。

次に「Professional」について、
こちらも認定の正式な前提条件はありませんが
Pythonプログラミングを含むソフトウェアで3~5年の開発経験が理想的となっています。

■改定前に取得した資格について

・CCNA
・CCNP
・CCIE
などを改定前に取得し、保持している場合は、それぞれ新たに改定後の認定が付与されます。

現行制度の下で実施される最後の試験は、2020年2月23日ということになります。
その為、もしも2020年2月23日までに、CCNA、CCNP、CCIEを目指している方は、改定制度に切り替わる前に学習を終え、試験に合格する必要があります。

エントリー資格のCCENTだけ持ってる方はどうすればよいかというと、
CCENT認定保有者がCCNA認定を取得するには、2020年2月24日以降は新しいCCNA試験に合格する必要があるということで、
逆に2020年2月23日までにICND2を取るか、CCNAを取るかしないと、
CCENTを持っていても24日以降は無駄に終わってしまうということになってしまうので、その点もご注意ください。

以上、Cisco技術者認定のアップデートをお伝えさせていただきました。

【合格率95%】無料のCCNAスクール!


転職するなら資格を取ってから転職したい。
自分でCCNAの勉強をしてみたけど、難しくて理解できないという悩みで困っていませんか?
一回の受験料も高いので、不合格になるとお財布にも痛いですよね。

ネットビジョンアカデミーなら、現役エンジニアの講義や実機を使った演習など、
質の高い授業でCCNA合格率がなんと95%!
しかも講座代・テキスト料等は一切無料!
資格取得後は、徹底就職サポートつきで、最短2ヶ月でIT業界でエンジニアとして就職できます。
まずは無料説明会にお申し込みください。



この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。