STUDYIT業界の資格・学習方法

  1. CCNAの資格とその勉強法について

IT業界の資格・学習方法

CCNAの資格とその勉強法について

NVS編集部NVS編集部

41PV

2018.03.10(Sat)

CCNAの資格とその勉強法について

ネットワークエンジニアにとって、取得しておいた方がいいと言われている資格が二つあります。
その二つとは「CCNA」、「CCNP」と呼ばれるです。
これら二つは入門資格ともいわれており、取得しておくとネットワークエンジニアとしての仕事の幅が広がり、そして就職や転職において有利に働きます。
今回はこの二つの資格のうち、CCNAについて説明していきましょう。

CCNAとは




CCNAとはCisco Certified Network Associateが正式名称です。世界最大手ネットワーク関連機器メーカーである、シスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。同社の主力商品である、Ciscoルータ、Catalystスイッチに関する技術力の証明となるだけでなく、基礎的なネットワーク技術 (TCP/IPなど)を持つことの証明にもなります。
世界共通基準の資格であり、ネットワークの世界では最も有名な資格といわれています。
正確な受験者数や合格者数は非公開となっていますが、1998年の日本語試験開始時には174人だった受験者数が、2004年には早くも8万人を超えました。このことからも、とても注目度の高い資格であるといえるでしょう。
そしてCCNAの資格は3年で失効してしまう点にも注目が集まっています。資格を保持し続けるには、再受験をして資格を更新しなくてはなりません。この仕組みが常に資格をフレッシュな状態に保ち、即戦力につながる知識や技術があるというブランド力の裏付けになっています。

CCNA取得のメリット




CCNAを取得すると、主に二つのメリットがあります。
一つは世界に通用する資格を取得することで、ネットワークエンジニアとしての基本的スキルが備わっているということが証明できる点です。
もう一つは、自分自身のスキルチェックになるという点です。CCNA試験範囲は、ネットワーク の基礎をとても丁寧に網羅しています。固定の業務をこなしていると、どうしても知識が偏ってくる場合がありますが、CCNAを受験するにあたって自分に足りない知識はないか、また得意な分野はどこなのか、客観的にチェックすることができます。
上述した二つの点は既にネットワークエンジニアとして活躍している方のメリットのようにも感じますが、実際は初心者からネットワークの勉強を始めたいと考えている方にも有効です。独学でネットワークに関する勉強を始めようにも、どこから手を付けていいのか分からないという状況が多々起こりうるでしょう。そんな時にCCNAの取得に向けて勉強をすれば、効率よくネットワークの基礎を学ぶことが出来るのです。

CCNAには資格の分野がある


CCNAには以下の分野の資格が用意されています。

・Routing & Switching(ルーティング&スイッチング)
・Cloud(クラウド)
・Collaboration(コラボレーション)
・Data Center(データセンタ)
・Industrial(インダストリア)
・Security(セキュリティ)
・Service Provider(サービスプロバイダー)
・Wireless(ワイヤレス)

この中で最も実務に役立つのが「Routing & Switching」であり、日本国内はもちろん、海外全体においても一番人気の資格となっています。CCNAを受験するのであれば、まずは「Routing & Switching」を受験するのがベターでしょう。

CCNA合格に向けた勉強法とは




CCNAに合格に向けた勉強法としては、独学で勉強するか、専門学校に通うかのほぼ二択となるでしょう。
独学で勉強する場合は、黒本と呼ばれる4000円ほどするテキストを購入する方が多いようです。そして問題集は問題集を集めたインターネットサイトで解く方が多いのだとか。みっちりと勉強した場合、独学でも半年で合格したという方の受験日記がインターネット上でも散見されます。
しかし、CCNAはシスコシステムズ社の機器を実際に触ってみなくては、合格が厳しいとも言われています。その場合、機器を購入するか、シスコシステムズ社が主催するセミナーに参加するか、シミュレーターで学ぶことになります。
このように独学で学ぶことも可能ではありますが、モチベーションを保つのが難しいと感じる方も多いことでしょう。その場合は専門学校で学ぶという道を選んだ方が近道ともいえます。講師の元で学ぶことが出来る上に、機器も揃っているので、モチベーションを保ちながら、みっちりと学ぶことが出来ます。独学を選ぶか、専門学校を選ぶかは本人の性格や金銭面と相談して決断すべき事でしょう。

いかがでしたか?
CCNAの概要と勉強法がお分かりいただけたことと思います。
CCNAはネットワークエンジニアにとってとても重要な資格です。ネットワークエンジニアとして花を咲かせたいのであれば、しっかりと勉強して、資格を取る事をオススメします。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。