RECRUITIT業界の就職・転職

  1. ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いとは?

IT業界の就職・転職

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いとは?

NVS編集部NVS編集部

54PV

2017.05.09(Tue)

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いとは?

ネットワークエンジニアやシステムエンジニアはどちらもIT業界の職種ですが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。
IT業界未経験の人に向けてそれぞれの職業の特徴と違いについて説明していきます。

また、ネットワークエンジニアに向いている人と持っていると優位になる資格についてもこの記事では説明してきます。

では、二つの職種の違いを説明する前に、それぞれの職種について説明していきます。

ネットワークエンジニア(NE)の仕事について




(画像引用元:Unsplash)

そもそもネットワークエンジニア(NE)とはどういった業務でしょうか。
ネットワークエンジニアとはパソコンなどが繋がっているネットワークシステムに関わる仕事を行うエンジニアのことを言います。

ルーターやスイッチといったネットワーク機器を導入し、ネットワークシステムを構築するエンジニアのことです。LANケーブルの敷設や無線LANの設定も含まれます。

ネットワークエンジニアの業務はいくつかに分類されます。設計、構築、運用、保守、監視です。

設計


設計はネットワークシステムを設計する業務となります。どのような種類のルーターやスイッチが必要で、何台あれば良いのか、どんな設定を行えば良いのかを設計する仕事です。

構築


構築は設計されたシステムを実際に機器を現地に設置し動作するようにルーター、スイッチへ設定する業務です。

運用


運用は構築されたネットワークシステムを運用する業務です。部署が増えた場合の設定変更などを各部署の依頼により行っていきます。

保守


保守はネットワークシステムに障害が発生したら故障部位の交換や障害の原因特定のための切り分けなどを行う業務です。

監視


監視はネットワークシステムを24時間365日監視する業務です。
シフト制で勤務し障害が発生するとログを確認するなど一次対応を行い、採取した情報を関係者へ連絡することが主な業務となります。

システムエンジニア(SE)の仕事について




(画像引用元:Unsplash)

続いてシステムエンジニアとはどういった仕事でしょうか。

パソコンやサーバー上で動作するソフトウェアに関わる業務を行うエンジニアのことです。
ただ、企業によってはサーバー・ネットワーク・プログラムなど、どの業務をしていても全てシステムエンジニアに含んでいる場合もあります。

IT業界では一般的にはシステムエンジニアはソフトウエアの設計をするエンジニアのことを指しています。
ソフトウェアの開発に関わる業務も更に分類されています。企画、設計、開発、試験と4つに分類されます。

企画、設計


企画や設計を行うエンジニアをシステムエンジニアと言います。企画や設計は一般的に上流工程と言われています。
ここで間違いがあると後の工程で何をしてもそのシステムは失敗となってしまいます。

お客様の要件をヒアリングし、業務の課題を改善するための最適なシステムを提案します。
もちろん費用も抑えて開発できる提案が必要です。提案した内容に沿って設計書を作成してきます。

開発


開発を行うエンジニアをプログラマーといいます。システムエンジニアが設計した設計書に沿ってプログラムの実装を行います。

試験


試験を行うエンジニアをテスター、不具合の修正を行うデバッガーといいます。
プログラマーとは別の目線で試験を行うことで先入観なく不具合を発見することができます。

ただ、プログラマーが試験も行うことも多くあるので、テスターやデバッガーをプログラマーと分けていない会社も多くあります。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い


ネットワークエンジニアはネットワークシステムを構築します。
インターネットやサーバへ通信可能な状態をつくるのです。そのため、システムエンジニアと比較すると裏方の仕事となります。

一方、システムエンジニアはインフラが整った環境上でソフトウェアを動かすことになります。
よってそのソフトウェアは土台となるインフラ(ネットワークやサーバーなど)の影響も受けることになります。

障害時の切り替えや影響範囲について




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークシステムに不具合が起こった場合、切り分け範囲がソフトウェアと比較すると少ないことが利点と言えます。

これはネットワークシステムを構成している要素が少ないからです。
つまり土台となるのはネットワーク機器とLANケーブルと電源と少ないからです。

これらが物理的に故障していないなら、残るはネットワークの設定となるわけです。
ネットワークが動かないなら 機器の設定、LANケーブル、機器自体の故障など大きく3つを順番に調べることになります。

一方、ソフトウェアが動作しない場合は、事情が変わってきます。

LANケーブルなどのネットワークシステムはもちろん、ソフトウェアをインストールするサーバーの設定にも影響を受けるため、原因特定まで広範囲に調査する必要があります。
ネットワーク(設定、ケーブル、機器、電源)、サーバー(設定、機器)、OS、プログラムと調査範囲は広いです。

システムエンジニアの仕事となるソフトウェアの構築は多数のシステム上に動作するため、不具合が起きた時に切り分けて原因を特定することが難しくなることが多くなります。

ネットワークエンジニアに向いている人




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークエンジニアに向いている人とはどういった人でしょうか。

インフラとして基盤をつくる裏方の仕事に達成感を覚えるような人が向いています。
ネットワーク自体は繋がっていて当たり前と思われているためです。

その他、ネットワークシステムは不具合が起きても、比較的切り分け範囲が狭いことが良い点と言えます。

LANケーブルやネットワーク機器のインタフェース、そして電源など物理的な故障がなければ、ネットワークの設定の問題となります。このように切り分け範囲が少ないからネットワークの仕事の方を選ぶ人もいます。
とは言え、ネットワークの仕事でも複雑で厄介な障害が起こることはあります。

ネットワークエンジニアに求めれらる資格


ここでは、ネットワークエンジニアに求められる資格についても説明していきます。

CCNA


Ciscoシステムズの資格ですが、近年CCNAは取得が難しくなっています。
その分、履歴書に記載すると効果がある資格とも言われています。

CCNP


CCNAの上位資格です。Switch、Route、T-shootという3つの区分の資格を取得すると認定されます。

ネットワークスペシャリスト


高度上昇処理技術者試験のネットワークエンジニア向けの資格となります。年1回10月に受験することができます。

まとめ




(画像引用元:Unsplash)

いかがでしたでしょうか。ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いを説明してきました。

求められる資格や向いている人なども違っています。

これからネットワークエンジニアを目指す人は自分の性格やイメージしている業務とズレがないか考えてみましょう。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。