RECRUITIT業界の就職・転職

  1. 未経験からでもネットワークエンジニアになれる勉強方法

IT業界の就職・転職

未経験からでもネットワークエンジニアになれる勉強方法

NVS編集部NVS編集部

2271PV

2017.05.09(Tue)

未経験からでもネットワークエンジニアになれる勉強方法

ネットワークエンジニアになりたいと思っている人はどういった勉強をしていけば良いのでしょうか。
特に未経験だとどういったところから勉強を始めれば良いのかも分からないと思います。

この記事では未経験からネットワークエンジニアになるための勉強方法を説明していきます。
また、合わせて勉強に役立つソフトウェアなどもご紹介します。

ネットワークエンジニアへ未経験からの勉強方法




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークエンジニアに未経験からなりたいと思ったら、転職活動と同時に勉強を始めていきましょう。

資格取得


手始めにやることとしては、面接でアピールできる資格取得の勉強です。

まずは、CCNAの勉強を始めることをおすすめします。
CCNAは数年前まではネットワークエンジニアの初心者向けの資格でしたが、近年は取得が難しくなっています。

2つの試験に合格してCCNAと認定される方法と1つの試験で合格する方法があります。
2つに分けると試験範囲を絞ることができるので比較的合格が容易になるでしょう。

勉強には参考書を購入し通勤、通学時に読んでいきましょう。

設定方法・コンフィグ




(画像引用元:Unsplash)

次にネットワークエンジニアとして実際の業務で必要になる設定方法について勉強してきましょう。

ネットワークエンジニアとして仕事をすることになると必要になるのが、ルータやスイッチなどのネットワーク機器を設定するスキルです。
設定情報などをコンフィグと言いますが、ネットワーク機器への設定を確認することや設定変更する業務が実務では頻繁にあります。

後述するサイトを参考にネットワーク機器への設定を学んでおきましょう。

CCNAなどシスコの試験で実機のように設定する問題もあり、シミュレーション問題と言います。
資格取得にも実務に向けてもどちらにも役立つので、出来るだけ早く取り組みましょう。

ネットワークエンジニアの勉強に役立つソフトウェア




(画像引用元:Unsplash)

ネットワークエンジニアの勉強をする上で非常に役立つソフトウェアがありますのでご紹介します。

GNS3


https://www.gns3.com

おすすめはなんと言ってもCisco IOSをパソコン上で動作させるGUIのシミュレータです。無料で使用できるため安心です。
Windowsやmacに仮想環境としてLinuxサーバーを動作させることが出来ますが、GNS3はCiscoのIOSを動作させることが出来るのです。

CiscoのIOSを動作させるので当然ですが、設定方法や動作も全て実機と同じです。

パソコン一台あれば、CCIEレベルの規模のネットワークを構築することも出来ます。
ちょっとした設定を確認したいときや勉強をする上でも非常に役立ちます。

ただ、サーバーOSの仮想化と比較すると圧倒的に負荷が掛かるため、動作は重たいです。
できるだけメモリやCPUが高性能なパソコンで動作させましょう。また、動作にはCisco IOSが必要ですが、中古で購入した実機から取得することが出来ますのでそちらを使用しましょう。

インストール方法などはWindowsやmacのアプリと同じです。
インストールが始まると画面の指示にしたがってデフォルト設定のままOKで進めていけばインストールはすぐに完了します。

Wireshark


https://www.wireshark.org/download.html

次にネットワークエンジニアの勉強をするなら、押さえておきたいおすすめのソフトウェアはWiresharkです。

パケットキャプチャソフトウェアになります。パケットキャプチャソフトウェアとはネットワーク上のパケットを取得して解析することが出来るソフトウェアです。
インストールしたパソコンとルータなどを接続してキャプチャ作業を行います。

こちらもフリーのソフトウェアです。GNS3をインストールした場合はWiresharkを一緒にインストールすることができます。
単体でインストールできるのですが、せっかくならGNS3のインストール作業で一緒にwiresharkを入れておきましょう。

GNS3からは右クリックでwiresharkを使いキャプチャすることが出来ます。

パケットの中を見て本で学んだとおりのパケットになっているか自分の目で確かめるのはとても良い勉強になります。ネットワークは目に見えないことなのでwiresharkなどのパケットキャプチャソフトが非常に役立ちます。

Tera Term


http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se320973.html

ネットワーク機器やサーバーをパソコンなどからリモートで操作するためのソフトウェアです。

ネットワークエンジニアなら作業で必須のソフトウェアとなり、Tera Termは非常に多くのネットワークエンジニアが使用しています。
そのため、どこの現場でもインストールされているので使用方法を覚えることは必須と言えます。

GNS3にはPuTTyがインストールされます。こちらもターミナルソフトウェアです。
しかし、Tera Termしか導入されていないパソコンで作業することが必ずありますので、TeraTermの操作方法だけは覚えておきましょう。

ネットワークエンジニアの勉強に中古実機のすすめ



(画像引用元:Unsplash)

ネットワークの設定を行っていくには実機があると便利です。
また、コンソールケーブルを接続してパソコンから作業を行うことで、実務と同じことが出来ます。
中古機器なら安いモデルがあるので購入してみるのも良いと思います。

ヤフオクなどで古い機種を購入することも一つの方法です。
Cisco IOSが手に入りますので購入を検討しましょう。ただし、音がうるさいのと電気代がかかりますので注意が必要です。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
今回はネットワークエンジニアの勉強方法と役立つソフトウェアをご紹介しました。

未経験だとどういったことを勉強すれば良いのか分からないと思います。

ネットワークの勉強は多岐に渡りますが、少しずつ習得すれば決して無理なことではありません。

ネットワークエンジニアになるために必要なスキルを出来るところからでも少しずつ習得していきましょう。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

CATEGORYカテゴリ

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。