RECRUITIT業界の就職・転職

  1. 必見!ネットワークエンジニアになるための3つの勉強方法

IT業界の就職・転職

必見!ネットワークエンジニアになるための3つの勉強方法

NVS編集部NVS編集部

47PV

2016.07.01(Fri)

必見!ネットワークエンジニアになるための3つの勉強方法

(画像引用元:ぱくたそ

未経験からネットワークエンジニアを目指すなら、多くのことを学ばなければなりません。

「どんな風に勉強したらいいの?」「何を学んでおくべき?」と疑問が浮かんでいる人へ、おすすめの勉強方法をご紹介します。今回は、「基礎知識」「実践」「情報収集」という3つのポイントに沿って勉強方法をまとめました。

これからネットワークエンジニアになりたいと考えている人は必見です。

「ネットワーク」に関する基礎知識を身につける



(画像引用元:写真AC

ネットワークエンジニアの仕事は、「実際にやってみて初めて身についていくものだ」といわれることも多いです。しかし、「ネットワーク」に関する基礎知識を身につけておかないと、レベル1の作業にもついていけなくなってしまう可能性があります。

「ネットワーク」の基礎知識とは、たとえば「OS」「IPアドレス」「TCPとUDP」などがどんなものなのかを説明できるレベルの知識のことです。用語が理解できていれば、ネットワークの基礎が身につくため、応用も利きやすくなります。

こうした用語は、ネットワークに関する基本的なことが書かれている書籍を読んだり、インターネット上で調べたりすることで学ぶことができます。最初はどんな用語を学んでいけばいいのかもわからないので、参考となる書籍やサイトなどを1つ押さえて、一通り学習するようにしましょう。

実践が1番の近道



(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアは実践してみて初めてエラーに遭遇したり、うまくいかない経験を積み重ねたりすることで、スキルが向上していく仕事です。シミュレーションソフトなどで練習することもできますが、実践してみないとわからないことが多くあるため、できるだけ「まずはやってみる」ようにするのがおすすめです。

実際に、シミュレーションでうまくいったことを試そうとすると、「電源プラグの差し込みが少しゆるかった」ことでエラーが出たり、「違う場所の設定」をしてしまったりと想定ではありえないミスも起こります。

実践の方法としては、「OSをインストールしてみる」「実機を揃えてネットワークを構築してみる」といった初歩的なことを繰り返すだけでも、基礎力のトレーニングになるので試してみましょう!

また、ネットワーク構築の技術を身につけているという証明に使える「CCNA」という資格の取得を目指すのも一手です。資格取得のための勉強は、専用書籍やサイトも使えますが、スクールを受講する方法もあります。独学ではなかなか勉強が進まないという人は、スクールの受講も視野に入れておくとよいでしょう。

ネットワークエンジニアになるためには必ず取得しておかなければならない資格、というわけではありませんが、勉強方法の1つとして活用してみるのもよさそうです。

情報収集能力を磨く



(画像引用元:写真AC

ネットワークエンジニアは、仕事に就いてからも勉強の連続となる職種です。日々新しい情報が更新され、進化のスピードの早い分野のため、常に学び続けていかなければなりません。

そこで、未経験からネットワークエンジニアになるときには、「情報収集能力」を磨くことも勉強の1つに組み込んでおくことをおすすめします。

情報収集能力とは、わからない単語や事柄が出てきたときにパッと調べて知識として吸収できたり、新しい情報を察知したりする力のこと。常に学びつづけていかなければならないネットワークエンジニアの仕事には必須のスキルです。

情報を集めて知識として身につけていくことを意識しながら勉強を進めていくようにしましょう。

まとめ


未経験からでも、ネットワークエンジニアを目指すことはできます。実践ができる環境を整えながら、基礎知識となる用語を覚えていき、どんどん試してスキルをアップさせていきましょう。

同時にネットワークエンジニアに必須のスキルである情報収集力をつけることで、実際に働き出してからもグングン成長することができます。

知識0からでも始められるので、頑張ってみましょう!

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。