RECRUITIT業界の就職・転職

  1. 女性がITエンジニアに転職するメリット

IT業界の就職・転職

女性がITエンジニアに転職するメリット

NVS編集部NVS編集部

102PV

2018.08.18(Sat)

女性がITエンジニアに転職するメリット

不足するIT人材の育成や確保に向けて、女性の活躍の強化が必要不可欠と言われています。
そんな中キャリアチェンジを検討している女性の方へ選択肢のひとつとしておすすめなのは、未経験からでも転職できるITエンジニアへの転身です。
今回は女性がITエンジニアに転職するメリットなどを説明していきます。

常に不足している女性ITエンジニア

IT企業がエンジニア不足という悩みを抱えていると言われていますが、その中でも女性エンジニアは数少ないという現状があります。経済産業省のデータによると現在のIT人材数は約90万人、不足数は約17万人と推計されています。今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大するとのことです。
その中でも女性比率については他職業と比べて低い傾向にあります。
他業種では女性の割合が30〜60%と推移しているのに対し、IT業界やITエンジニアについては10%台です。これは他業種に比べて低い割合であるということは否めません。

女性ITエンジニアが必要な理由

近年注目されている「ウーマノミクス」は、政府が掲げる成長戦略の一つです。「女性の活躍」は日本でも年々広がっており、今後も多くの女性が活躍しやすい社会になっていくことが想定されるでしょう。そのような中、人材不足が今後より一層深刻化すると考えられるIT業界では、政府はIT系人材の育成や確保に向けて取り組むべき方策のひとつとしてより多様な人材(女性、シニア、外国人材)の活躍促進を挙げています。
女性ITエンジニアの活用は人材不足の緩和だけではなく、様々なメリットを生み出すことが期待できると言えるでしょう。そして女性の能力に期待がかかっているということは、キャリアアップを目指す上では各分野においてチャンスも広がります。特にIT業界では男性ITエンジニアだけでなく、着実に女性ITエンジニアが増えることが予想され、期待されています。

女性がITエンジニアに転職するメリット

女性は結婚・出産・子育てによって環境が変化するため、仕事を継続していくことが難しい場合があります。育児休暇後、職場復帰した際に、育児と仕事の両立が思ったようにこなせないこともあります。そのような女性にとって、実はITエンジニアはライフスタイルの変化に強い働き方が出来る職種と言えます。具体的に女性がライフステージに柔軟に対応するためのエンジニアとしてのメリットを挙げてみましょう。

1:理系・文系関係なく活躍できる
ITエンジニアというと理系のイメージを持たれる方も少なくはないでしょう。しかし、技術的スキルにおいては新たな知識を習得しようとする力が備わっていれば、未経験からでも学ぶことが可能です。そのほかにもSE職に求められるスキルとして挙げられる、論理的思考力やコミュニケーション能力は、文系・理系といった括りではないスキルと言えるでしょう。IT業界は決して理系女子だけで動く世界ではありません。文系の女性でもエンジニアとして十分に活躍できます。

2:男女関係なく管理職にキャリアアップできるチャンスがある
エンジニアは技術があるかないかで評価されます。
そのため男性だからといって、少し高めの評価をされることはありませんし、女性だから評価されないといったことはありません。
つまり女性エンジニアとしてなら管理職などへのキャリアアップができるチャンスが大いにあるのです。

3:自宅で仕事ができる
在宅勤務可とするIT企業は、年々増えている傾向にあります。ITエンジニアとしてのスキルを身につけてしまえば、在宅勤務の許可が下りる可能性が大きくなります。
女性の場合、結婚後の家事、出産後の育児と女性は毎日仕事以外にもやることがたくさんあります。
そんな中、通勤時間を短縮し、時には育児をしながら自宅で仕事ができることは、女性にとって大きなメリットとなります。

4:経験を身に付ければブランク後も仕事復帰しやすい
女性の人生の中で大きなライフイベントである結婚後の出産や育児には、数ヶ月〜2年ほどの休暇を取得することになります。
出産育児後の職場復帰は、ブランクや残業などを含めた勤務時間の制限による影響で、希望する部署や、職種に就けない場合もあります。
しかしITエンジニアとしてのスキルを保持していることで、同じ会社でも転職する上でも、スキルをベースに適材適所してもらえる可能性が高まります。

5:IT系は比較的給与が高い
特に都心のインターネットを主軸としたIT業界では、SE職の仕事は給与水準が高いことが多く、例えばITエンジニアの個人事業主(フリーランス)の時給は、時給換算3000円前後と薬剤師などの国家資格職と同等に高給です。
また、経験を活かすことで必ずしも正社員という形態にとらわれずとも、フリーランスという形で十分な収入を得ることが可能ということもあります。

このように、女性がITエンジニアに転職するということは大いにメリットがあります。
給与体系はもちろんですが、結婚や出産にも左右されにくいということは大きな強みでしょう。


いかがでしたか?
女性がITエンジニアに転職することのメリットはたくさんあります。
現在転職を希望しているものの、文系だから、未経験だからとITエンジニアを敬遠しているのであれば、固定概念を捨てて、チャレンジしてみるといいでしょう。
ITエンジニアとして採用された時から、将来が明るく開かれるかもしれませんよ。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。