RECRUITIT業界の就職・転職

  1. ITエンジニアの外国籍採用について

IT業界の就職・転職

ITエンジニアの外国籍採用について

NVS編集部NVS編集部

32PV

2018.04.24(Tue)

ITエンジニアの外国籍採用について

近年、あらゆる分野においてグローバル化が進んでいます。それは雇用関係においても例外ではなく、ITエンジニアの分野でも外国籍採用が積極的に行われるようになりました。
今回はITエンジニアの外国籍採用について説明していきましょう。

 

外国籍のITエンジニア・雇用状況


厚生労働省の「外国人雇用状況」によると、情報通信業に従事している外国人数は2013年には約2万8000人でしたが、2016年には約4万4000人となり、3年間で50%以上の伸びを示しています。中国やベトナムをはじめとするアジア諸国では、オフショア開発で日本企業と現地企業の橋渡しの役割を果たすブリッジSEを養成する企業環境が整備されており、近年では日本企業への就職を想定して自らエンジニアを養成する企業や、IT教育や日本語教育を提供する大学も増えています。
もちろん日本でも積極的に優秀な外国人材の獲得に乗り出す企業が増えており、人材派遣会社がアジア各国でエンジニアの大量採用を行う動きも加速しているのが現状です。

外国籍ITエンジニアの所持スキルとは?

日本でITエンジニアを目指している外国人の多くは、母国の一流大学出身者が大半です。ですので、母国語の他に日本語はもちろん、英語や中国語などの複数言語を扱うITエンジニアも多く見受けられます。
また、エンジニアスキルとしても高いレベルのスキルを所持しているケースが非常に多いです。例として、下記のようなスキルを所持しています。

・開発言語
Java、C、C++、ObjectC、C♯、PHP、Cobol、VB、.Net、VC、Perl、Rubyなど
Webアプリケーション開発では欠かせないLAMP経験者

・アプリ開発
iOS、Androidのアプリ開発

・Webサイトの開発やローカライズ

・Webアプリケーション開発では欠かせないLAMP経験者

上記を見ると分かりますが、ほぼ日本人ITエンジニア志望者と同等、もしくはそれ以上のスキルを所持しています。

企業の外国籍ITエンジニアへの反応


ITエンジニアは慢性的な人材不足です。また今後、さらなる人材不足が予想されています。このような現況から、大企業はもちろん、中小企業までもが企業も外国籍ITエンジニアの採用を積極的に行うようになっています。一昔前までは「外国籍の雇用=給与が安く済む」というイメージでしたが、近年では外国籍のITエンジニアを雇用する理由は賃金カットが目的ではなく、純粋な戦力として雇用しているケースが多く見受けられます。
このようなニーズを踏まえ、就職情報を提供している企業や、就職支援を行っている団体では、外国人留学生や外国籍のITエンジニアのみを対象とした「ITエンジニア就職説明会」を行うなどして、企業のニーズに応えつつ、数多くいる優秀な外国籍ITエンジニアや外国人留学生の就職斡旋を行っています。

外国籍ITエンジニアに対する企業の悩みとは


優秀な外国籍エンジニアの採用を行い、社内の活性化や海外取引の拡大、外国人向けサービスの拡張といった新たな市場形成を目指す企業が増えている一方で、外国籍ITエンジニア採用に伴う企業側の悩みも増加しています。
まずは言語の壁です。上記で言語が堪能な外国籍ITエンジニアが多いと説明しましたが、それに当てはまらない外国籍ITエンジニアもいます。そのような場合、どのようにコミュニケーションを取っていくか、どのように言語教育をしていくかが課題となります。また、生活習慣の違い、在留資格や就労資格など、日本人だけの職場では考慮する必要がなかった新たな負担も増えることは否めません。
外国籍ITエンジニアを採用したくても、想定される負担を考えると二の足を踏んでいる企業も少なくないのが現状でもあります。

外国籍ITエンジニアのスキルを見極めるには?


また、外国籍ITエンジニアのスキルを自己申告に頼って採用するのは非常に危険です。それは外国籍ITエンジニア自身にもいえることで、スキルをしっかりと「見える化」しなくては、企業に自分をアピールしづらいということもあるでしょう。ITエンジニアのグローバル化が急速に進む中、ITエンジニアのレベルを言葉の壁を超えて一律で評価でき、最新のIT動向にも直ちに対応し、しかもコストパフォーマンスに優れた解決策が求められています。
その代表的なものがその代表的なものが、日本サード・パーティが提供するGAIT(ゲイト:Global Assessment of Information Technology)です。

スキルを見える化!「GAIT」とは?


2012年10月にサービス開始したGAITは、合否を判定する資格試験ではなく、ITエンジニアのスキルを客観的な指標で可視化するアセスメントツールです。GAITでは、データベース、OS、アプリケーション、セキュリティ、ネットワーク、ストレージ、仮想化という7分野、22カテゴリーの問題を日本語、英語、中国語で提供しています。また、最新技術動向を反映するために設問は常時アップデートされているのが特徴です。GAITの診断結果はスコアとレーダーチャートによって定量的に可視化されるので、個々のエンジニアがどういう分野を得意とし、どういう分野を苦手にしているか、スキルバランスを直感的に把握することもできます。
個人でも受験できますが、主に企業や学校など団体での利用が一般的です。インターネット経由のオンライン受験と試験会場での受験のどちらかを選べるようになっており、前者であれば24時間いつでも利用できます。
受験後は詳細な点数とレーダーチャートが付属したスコアレポートが発行されるので、就職活動や就職後のスキル申告に生かすといいでしょう。

いかがでしたか?
外国籍ITエンジニアは優秀かつ、真面目な方が非常に多いのが特徴です。
人材不足が叫ばれて続けている現代において、今後は外国籍ITエンジニアが増加していくのは当たり前の傾向と言えるでしょう。
外国籍ITエンジニアの増加は日本人ITエンジニアからは批判の声も上がっていますが、能力や勤務態度を評価するのは企業です。もはや国籍は関係ないのです。
外国籍ITエンジニアも同じ土俵のライバルとして考えて、就職・転職活動やステップアップを考えるのがベストといえるでしょう。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。