NEWSIT業界のニュース

  1. ネットワークエンジニアのデータセンター潜入記

IT業界のニュース

ネットワークエンジニアのデータセンター潜入記

さっきーさっきー

78PV

2018.02.16(Fri)

ネットワークエンジニアのデータセンター潜入記

「世の中興奮することっていっぱいあるけど、一番興奮するのはデータセンターに行くときだよね」
「間違いないね」

世の中にはデータセンターというものがある。
データセンターとは、ネットワーク機械がたくさんある建物で、
データセンターが各地にあるおかげで世界中でネットが使えるようになっている。

つまりデータセンターを破壊されてしまうと、この世のネットワークに障害が起きてしまう。
そのためデータセンターの場所は秘密にされている。
なので残念ながら「こんなところにデータセンターがある。興奮してきたな」と見つけることは不可能に近い。
なかには地図に住所が載っていないデータセンターもあるとか。どうやって郵便物を届けるのだろう。。。


どうやって入るの?


インフラエンジニアならデータセンターに入ることがある。
データセンターに入るためには、事前に入館申請をして入館が許可されている必要がある。
またまた残念なことに「ちょっと入ってみようかな」と入ることはできない。
パソコンやケータイも事前申請がなければ持ち込めないところもある。
事前申請が通っていなかったために、現地に行ったのに入れないなんてこともあったり。

建物内に入る方法は、建物に入ってから警備員さんに要件を伝えたり、インターホンから警備員さんに要件を伝えて入ったり、カードキーで開けたりなどなどデータセンターによって異なっている。
建物に入ってから機器室を開ける時にカードキーを使う所もあり、複数名で一緒に入るときもちゃんと一人ずつタッチをしないとエラーを起こすところもあるのでご注意を。
もっとセキュリティの高いところでは、生体認証などのシステムを搭載している拠点もある。
NERVみたい。

何があるの?


データセンターに入ってみると、まずうるさい。「ボー」という機器の動いている騒音と電子の味がする。
中の様子を詳しく書いてしまうと、情報漏洩になってしまうので「禁則事項です」なのだが、
だいたいルータやスイッチ、パッチパネルといったネットワーク機器がラックに納められている。
そのラックが横にずらっと一列に並んでいて、その列が何列もある。
そして、それぞれのラックにある機器の間をケーブルが這っている。
ちなみに、データセンターは寒いのでコートを持っていかないといけないという噂があるが、
最新鋭のデータセンターは寒くない。
暖かい風を抜けさせる通路と、涼しい風を送り込む通路というようにラックごとに空気の流れを作って、機器が熱くならないように調整している。

↑左:ラック。灰色の部分が機器。機器の大きさはいろいろ。
右:機器室内、ラックの列が並んでいる。

何をするの?


データセンターですることは主に①新しい機器の導入、②古い機器の撤去、そして③障害対応である。
①新しい機器の導入は、ネットワークの規模を大きくするときなどに行う。
②古い機器の撤去は、機器の保障期間が切れてしまうため撤去することが多く、規模縮小しない限りは新しい機器との入れ替えとなる。
障害対応は、通信に不具合が起きた際に障害場所の特定と解決までを行う。
だいたいは物理的な問題で、
ケーブルが劣化してダメになっていたり、機器自体がダメになっていたりなど原因はさまざま。

まとめ


データセンターとは何か、どんなところで、なにをしているのかについて簡潔に紹介してみた。
一言でまとめると、データセンターがあるおかげでネット社会が支えられているということ!
「ちょっと何言ってるかわかんないです」
「なんでだよ」

【関連記事】
障害切り分けってなにするの?~光ケーブルでの障害切り分け~
ネットワークエンジニアの必携資格!「CCNA」の試験改定について

この記事を書いた人

ページトップに戻る

CATEGORYカテゴリ

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。