NEWSIT業界のニュース

  1. なぜネットワークエンジニアに女性が少ないのか

IT業界のニュース

なぜネットワークエンジニアに女性が少ないのか

NVS編集部NVS編集部

29PV

2017.12.19(Tue)

なぜネットワークエンジニアに女性が少ないのか

ネットワークエンジニアという職業は、圧倒的に男性が多いといえるでしょう。
そもそもエンジニア系の職業には女性はとても少ないのが現状です。
ではなぜ女性が少ないのでしょうか。理由を紐解いていきましょう。

理系の女性が少ない


近年、理系の大学に進学した女性を「リケジョ」と呼ぶようになりました。そのような言葉ができた理由の一つとして、理系に進む女性が少ないからという理由が挙げられます。そして理系の中でも女性が集中している学科と、女性がほとんどいない学科に極端に分かれる傾向があります。
女性に好まれる理系学科は生命、科学、建築などでしょう。理由としては女性に好まれる仕事につながりやすいからです。食品、化粧品、洋服の素材、デザインなど、女性に好まれる仕事につながる学科は少ないながらも比較的女性が多く進むようです。
逆に女性が極端に少ない学科は電気、電子、機械、そして情報系の学科です。これらの学科は卒業後の産業界の裾野も広く、採用人数も多いのですが、様々な理由から女性には好まれないようです。敬遠している女性の理由の一部を挙げてみましょう。

・高校生の段階で理系の仕事を想像しにくい
・男の仕事だというイメージ
・女性が少ないので行きづらい

このような理由が多く聞かれます。つまり、女性が少ない理由は女性が増えない理由と直結しているのです。このような現実とは離れた意見が大半を占めている現状は非常に悪循環であり、理系の仕事はもちろん、エンジニアの仕事に女性が増えるはずもありません。

ネットワークエンジニアが少ない理由


冒頭でも述べましたが、ネットワークエンジニアに限らず、全てのエンジニア職において、女性はとても少ないのが現状です。その理由を説明していきましょう。

女性エンジニアのロールモデルの欠如


ロールモデルとは、行動や考え方の模範となる人物のことです。海外では様々なテレビドラマや映画に登場する、スマートなエンジニア達に影響されて、エンジニアを志す女性が多いようです。しかし現在の日本において、テレビドラマや映画に「若い女性が憧れるようなかっこいいエンジニア」が登場することは非常に稀であり、エンジニアという職業が遠い存在になっているのが現状です。

エンジニアに対するネガティブなイメージが強い


就職系メディアや就職情報交換サイトにおいて、OBなどの意見を見ると、「残業続き」「ずっとパソコンの前に座っている」「ホワイト企業が少ない」などのネガティブな情報を発信している場合が非常に多く見受けられます。そしてなによりも決定打であるのが「エンジニアは男性社会」という情報です。このような情報を見せつけられてしまっては、強い意志を持ってエンジニア職に就こうと決めている女性以外は、エンジニア職に興味を持つことは少ないことでしょう。

女性エンジニアを育てる環境が乏しい


確かにエンジニアとして入社すれば、男女の関係なく、同様にスキルを求められるのは当然です。スキルの劣った人間は、男性であれ女性であれ淘汰されていくことでしょう。しかしスキルが劣っている女性を育てていかないことには、エンジニア職を志す女性は少ないままです。将来を見越して女性を育成していけば、女性エンジニアが多い会社として女性志望者が増える可能性がありますが、エンジニア自体が少なく、仕事が回らない現状では育成に力を注いでいる時間はないのです。

女性がネットワークになるメリット




さて。このような現状ですが、女性がネットワークになるメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
上述したことをふまえながら説明していきましょう。

大手に入社しやすい


ある採用担当者の話によると、女性エンジニアは少ないので目に付きやすいとのこと。もちろんスキルが足りないと話になりませんが、一定のスキルを持った男性と女性であれば、女性のほうに目が行くそうです。それはなぜかというと、男性ばかりの職場は荒みやすいということが挙げられます。女性ならではの気遣いが社内やプロジェクトにもたらすメリットは予想以上に素晴らしいものだったという意見が多いです。

同僚からかわいがられる、助けてもらえる


男性社会の中に女性が入った場合、どうなるでしょうか。女性と接する機会のない男性達は、その女性に優しくしてくれること間違い無しでしょう。もちろんセクハラやパワハラの危険性はありますが、そのような事から守ってくれる男性も多いはず。そしてそのような男性達を利用して出世コースに乗ったという女性ネットワークエンジニアの経験談も多く見受けられます。男性社会の中に女性が入るということは、デメリットよりもメリットの方が多いというのが大半の意見です。

まとめ


現代の日本において女性がエンジニア職を志す環境は整っていないと言っても過言ではないでしょう。しかし、様々な情報に踊らされず、強い意志を持ってエンジニア職に就けば、女性が未来を切り開いていける職業でもあるのです。そしてきちんとしたスキルが備わっていれば、出世も見込めます。
現在男性が7割以上を占めているというエンジニア職。それを変えていけるのは、このコラムを読んだあなたかもしれません。

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。ネットビジョンシステムズでは、未経験者をITエンジニアとして採用して一から育てています。未経験者からITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。