NEWSIT業界のニュース

  1. 意外と知らない?「HTTP」と「HTTPS」は何が違う?

IT業界のニュース

意外と知らない?「HTTP」と「HTTPS」は何が違う?

Dr.BowDr.Bow

208PV

2019.01.21(Mon)

意外と知らない?「HTTP」と「HTTPS」は何が違う?

皆さんがGoogleChrome等のブラウザを使用して、検索するとき、
HTTP://とかHTTPS://という表示をみたことあると思います。
今回はその「HTTP」「HTTPS」についてお話したいと思います。

「HTTP」と「HTTPS」

HTTPやHTTPSはですね、プロトコルの一種で、
HPを見るときの手段をあらわしているんです。

HTTPはHyper Text Transfer Protocol
HTTPSはHyper Text Transfer Protocol Secure の略称です。

HPを閲覧するためのプロトコルであるHTTPを、SSLやTLSという仕組みを利用して
通信を暗号化し、セキュリティを強化したものがHTTPSとなります。。
SSLやTLSを導入するにあたっては証明書の発行が必要になります。

SSL(Secure Sockets Layer)、TLS(Transport Layer Security) 
⇒インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコル

HTTPとHTTPSの違い

違いは暗号化するかどうかです。
普段皆さんは、自分がインターネットでHPを見ているとき、
その内容を除かれているかも、と考えたことはありますか?
HTTPだとその可能性は大いにあります。
HTTPSの場合、HTTPSのS(Secure)が示す通り、安全にHPを閲覧することができるのです。

最近では様々な団体・企業がHTTPSをでHPを閲覧できるよう取り組んでおります。
徐々にHTTPSの普及率も増加傾向にあるのですが、完全普及にはまだほど遠い状況です。

最近では、GooglechromeがHTTPSを使用していないHPにアクセスする際に、
警告を表示するなどの取り組みも見られます。

最後に・・・

ITの進歩に伴って、それを取り巻く脅威も進歩してしまっています。
セキュリティ技術の向上ももちろん大切なのですが、やはり重要なのは、
個人レベルにおける、セキュリティに対する意識だと思います。

他にもセキュリティに関しての記事がありますので、
是非そちらも一度読んでみて、セキュリティ意識を高めていただければと思います!

この記事を書いた人

ページトップに戻る

CATEGORYカテゴリ

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。