NEWSIT業界のニュース

  1. セキュリティの安全性を実現する「VPN」を解説! 

IT業界のニュース

セキュリティの安全性を実現する「VPN」を解説! 

Dr.BowDr.Bow

135PV

2019.01.20(Sun)

セキュリティの安全性を実現する「VPN」を解説! 

ハリウッドスターや政府の要人。そういった方達は公共の場を歩く時、
レッドカーペットを敷き、ボディーガードが周囲の脅威から守ってくれますよね?

ITにも、公共の脅威から通信を守ってくれる「VPN」という技術があります。

今回はその「VPN」についてお話させて頂こうと思います。

VPNと脅威

VPN(Virtual Private Network)日本語にすると直訳で「仮想専用線」となります。
文字通り、使用者専用に仮想的な道を敷くような技術になります。

昨今インターネットなどのIT技術が進化するに伴って、様々な「脅威」も増えてきました。
私たちは普段何気なく、インターネットを介して色々なホームページを閲覧しています。
もし、その情報が覗き見られていたらどうしますか?

インターネットは不特定多数の人が使っています。
中には技術があり、その技術を悪用して、通信しているデータの中を覗き見たり、改ざんしてしまう人もいます。

インターネットを使うということはそういったリスクにさらされる危険性があることも認識しておく必要があります。
そんなリスクから身を守ってくれるのがVPNという技術です。

VPNは通信しているデータを暗号化してくれるため、
先ほどお話したようなデータの覗き見・改ざんというリスクを減らすことができます。

そんなセキュリティを強化してくれるVPNには大きく
「インターネットVPN」と「IP-VPN」というものが存在します。

インターネットVPNについて

インターネットVPNでは皆さんが普段使用している「インターネット」を使用します。
インターネットは不特定多数の人が使用しているいわば「パブリック」な環境です。
そこで、データの発信元から宛先までGRE等のトンネリングプロトコルを使用して「トンネル」を通します。
そしてSSLやIPsec等のセキュリティ技術を使用して暗号化します。

これがインターネットVPNの仕組みになります。
イメージとしては、冒頭の通り、公共の場でハリウッドスターや政府の要人が道を通る際に、
レッドカーペットを強いて、黒服のボディガードに守られるイメージです。
レッドカーペットがトンネルで、ボディーガードがSSL等のセキュリティにあたります。

IP-VPNについて

IP-VPNはNTTやKDDI等の通信事業者が用意している閉鎖網を利用したものになります。
インターネットも通信事業者が用意している回線を利用しているのですが、
IP-VPNは公に公開されていない、普段は利用されていない閉鎖網を使用するのです。
インターネットVPNと比較するとやや金額面で利用料は高くなりますが、
その分セキュリティ面も強固になります。

最後に・・・

今までVPNは企業間でのデータの際に使用されていましたが、最近では個人でもVPNを使用される方が増えています。
それだけ、インターネット上の脅威とそれに対してのセキュリティが注目されている証拠といえると思います。

皆さんも、大切なデータを送付する際は、VPNを利用してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

ページトップに戻る

ネットビジョンシステムズ
公式マガジン

ネットビジョンシステムズでは、未経験者をネットワークエンジニア・ITエンジニアとして採用して一から育てています。ネットワークエンジニア・ITエンジニアを目指す上で必要となる知識や業界事情をこちらで発信していきます。