ネットワークエンジニアのあれこれ

ITエンジニアのメインPC、WindowsとMacどちらを選んだらいいでしょうか?

ハッキリいって、職場環境や仕事によりますね。Macですべて創る会社もあれば、Win派の会社もあります。
それぞれに利点があるので検証してみましょう。

Macのここが好き

・Macのデザイン性で選ぶ
単純に「デザインといえばアップル」、「Macの方がカッコイイ」という、Appleブランドへの憧れも反映されていました。デザインがカッコイイ!というのは案外、人生や仕事を決めるジャッジとなりますね。

・デスクトップの切り替えができる
Macは複数のデスクトップを、ショートカットで切り替えることができます。
作業により、デスクトップも着せ替えできるこのシステムはMacだけ。使いこなせば、作業効率もあがります。
・起動が短い
毎日使うメインPCの起動が早いと、作業効率かなり変わります。

・Macbook Airの軽量感が、スゴイ!
フリーランスのエンジニアの場合、お客様に自分で営業することも多いでしょう。Macbook Airのノートパソコンは、軽い。
持ち運びに便利! 画面も美しいので、お客様受けがいいのは事実です。

・デザインするならMac
Webデザインの仕事や、デザイン重視の会社の場合、Mac派の圧勝でした。
フォトショ、イラレを使う場合には、ショートカットのコマンド入力でデザインする事がほとんどです。短時間でデザインを仕上げるのに向いているんですよね。さすがデザインのために生まれたMac。
最初からクールな書体がインストール済み、音楽編集ソフトや動画をカンタンに創るソフトも搭載されています。
結婚式ムービーくらいなら、MacのiMovieで十分に作成可能。モニターの発色のよさ、コーディングに便利な機能をサクッとインストールできる所も、愛される理由の一つです。

Winの場合は、「コントロールキー」でショートカットできるのですが、このコントロールキーが……遠い!!!
親指がプルプルするくらい遠いので、短時間でショートカットキーを使ってデザインするなら、圧倒的にMacです。

Macの困ったところ

・オーディオプレーヤーは別売り
今のMacはCDが搭載されていないので、CDは外付け。別売りのを買わないと使えません。

・Winより高い
メモリを搭載したり、少しカスタマイズすると30万越えすることがあります。機能がたくさんあるし、最初から入っているソフトの高機能を思えば、コスパは最強なのですけどね。

Winのここが好き

・Win派のITエンジニア
やはり圧倒的シェアを持つのは、Windows。ということは、ユーザーもWin派が多いというのが、現実。
サイトをアップして検証する時、Winで確認できるので使用する方は多いですね。

・windowsは安い
単純に、安いから。という意見もありました。

・Winは、使い慣れている
学校で使用してきたPCが、Winなので、単純に指に馴染んでいる人が多いでしょう。使いやすいから、プログラミングが早い。という声もありました。

・対応しているソフトが多い
一番のいいところは、対応しているソフトの多さでしょうか。フリーソフトも豊富にあります。プログラミングをサポートするツールがたくさんある、というのは強みですよね。

Winのここが困ったところ

・iPhone対応のアプリを作成するのに不便
iPhone対応のアプリを作成する時は、Winだと地味にできない事が多いと思います。
MacはiPhoneと同期している部分が多いので、そこは覚悟すべき点ですね。

・Windowsはアップデートが多い
正直、アップデートしたら「前の方が使いやすかったんですが」という案件、ありますよね。
あんなに頻繁にアップデートしなくても! とツッコミを入れたくなります。そういったわずらわしさは、Macにはありません。
・MacにWinを入れて。両方使うという選択もアリ
究極は、MacにWinをインストールして両方使えるようにする、という手でしょうか。
私もリアルに、会社で使っていました。

Macには、Windowsをインストールするための「Boot Camp」というソフトウェアが搭載されています。これを使えば、MacなのにWinも切り替えて使う事ができるのです。
作成したゲームや、Webデザインを検証するのに使っていました。とても便利ですよ。結局、winユーザーのためにも、Macユーザーのためにも検証は必要なのですから。

MacとWindows、イイトコ取りで、賢く使っていけたら素敵ですね。

Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.