IT業界の資格・学習方法

ネットワークエンジニアになるためには、まず資格の勉強が必要です。

その為に参考書を探している方が多いと思います。

しかし、参考書の種類が多くどれを買ったら良いのか分からない人が沢山居ます。

何冊も参考書を購入していけば、自分に合ったモノを見つけることが出来るかもしれませんが、時間とお金がかかるので、出来れば最初から良い参考書を選びたいですよね。

そこで今回は、ネットワークエンジニアになったばかりの人やこれからネットワークエンジニアを目指す人に向けておすすめの本をご紹介します。

ネットワークエンジニア 未経験の人におすすめの本

(画像引用元:Unsplash)

まず、最初にネットワークエンジニア未経験の人向けに是非読んでほしい本を紹介します。

マスタリングTCP/IP 入門編 第5版

出版社: オーム社; 第5版 (2012/2/25)
価格:2,376円

TCP/IP解説書のベストセラーとなっています。
ネットワークエンジニアの職場にはまず置いてあると言っても良い書籍です。定番の本ですが、長い間売れ続けている本なので本当に分かりやすいです。

未経験者にとっては見えないネットワークを学ぶことは難しいので、最初にこの本でネットワークの基本を勉強することをおすすめします。

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応

出版社: インプレス (2016/9/5)
価格:4,104円

Cisco 認定資格であるCCNA対策の教科書で、黒本と言われている本です。ICND1に対応。

CCNAは未経験者は勉強することをおすすめする資格なのでその参考書を記載しておきます。

(スマホ問題集付)徹底攻略Cisco CCNA Routing & Switching教科書 ICND2編[200-105J][200-125J]V3.0対応

出版社: インプレス (2017/2/3)
価格:4,320円

こちらもCCNA対策の黒本です。ICND2に対応しています。

シスコ技術者認定教科書 CCENT/CCNA Routing and Switching ICND1編 v3.0 テキスト&問題集[対応試験]100-105J/200-125J

出版社: 翔泳社 (2017/1/19)
価格:4,104円

こちらも人気のあるCCNA対策の教科書です。黒本と比較して読みやすい方を購入されることをおすすめします。ICND1に対応。

シスコ技術者認定教科書 CCNA Routing and Switching ICND2編 v3.0 テキスト&問題集[対応試験]200-105J/200-125J

出版社: 翔泳社 (2017/5/16)
価格:4,104円

ICND2に対応しています。

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門

出版社:SBクリエイティブ (2013/12/31)
価格:3,218円

VLAN設計・アドレス設計・冗長化・仮想化などのネットワーク構築に必要な基礎技術と設計のポイントを、実際の構成例をもとに400を超える図を用いて徹底解説している一冊です。

ネットワークエンジニア 現場で役立つおすすめの本

(画像引用元:Unsplash)

続いてネットワークエンジニアとして働くときに持っておきたい役立つ本をご紹介していきます。
もちろん未経験者の人も是非読んでおきましょう。必ず勉強になります。

改訂新版 Cisco Catalyst LANスイッチ教科書

出版社: インプレス; 改訂新版 (2004/7/30)
価格:4,500円

シスコシステムズの本です。スイッチの構築に必要なスキルが身につきます。構築事例を掲載して解説しています。

L3スイッチの概念など未経験者でも十分に読み進められるように解説しています。
ただ、出版から時間が経っていますので、後述するCisco LANスイッチ教科書を先に購入したほうが良いと思います。

Ciscoネットワーク構築教科書[設定編]

出版社: インプレスジャパン (2010/3/12)
価格:4,536円

こちらもシスコシステムズからの本です。構築について様々な事例を交えて設定の基本を解説しています。

ネットワークエンジニアとして働き出したら、読んでおくと構築作業の役に立つでしょう。ルータだけではなくASAやワイヤレスまで幅広く解説しています。

[第3版] Cisco LANスイッチ教科書

出版社: インプレスジャパン; 第3版 (2014/3/20)
価格:4,536円

スイッチについて初心者から学べるように詳しく解説しています。

また、機種による違いなども解説しているのでCCNAの勉強だけでは見えにくい部分がこの本で学べます。もちろん実務ですぐに役立つ内容です。

Cisco WAN 実践ケーススタディ

出版社: インプレスジャパン (2008/8/29)
価格:4,860円

こちらはWANについて解説している本です。試験対策だけでは身につかないWANの技術を学ぶことができます。

また、普段LAN側の仕事しか行う機会がないエンジニアにとっても良い教科書になります。

もちろん、CCNPの勉強に向けてこちらの本を揃えておくのも良いと思います。

ネットワークウォリア ―戦う管理者のための知識とテクニック

出版社: オライリー・ジャパン (2007/12/26)
価格:5,184円

オライリーからの本です。

ネットワークの設計や構築、管理、障害対応などに対応したテクニックを学べる本です。ネットワークエンジニアの業務全般に関して押さえてあります。

ネットワークエンジニアが知っておくべき教訓や仕事をスムーズに進めるためのコツなどをベテランエンジニアの書籍から学んでおきましょう。
障害を起こしにくい優れた設計・構築スキルを身につけたい、効率的なネットワークの管理方法を身につけたい人におすすめです。

まとめ

(画像引用元:Unsplash)

いかがでしたでしょうか。

今回はネットワークエンジニアにこれからなりたい人やもっとスキルアップしたい経験者の人にもきっと役に立つ本を紹介しました。

ベストセラーとなって長い間多くのエンジニアに読まれてきた本を中心に紹介していますので、きっとネットワークの疑問に答えてくれると思います。
是非手に取ってみてください。

Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.