IT業界のニュース

 

2020年東京オリンピックにむけて総務省は第5世代移動体通信「5G」のネットワークの実用化をめざしています。そんな5Gの通信速度はなんと第5世代移動体通信「4G」の1000倍!そんな次世代通信技術として話題の5Gですが、実現するとどういった世界になるのでしょうか。

また、ネットワークエンジニアの生活はどのようにかわるのでしょうか。この記事では気になる5Gについてと、それによってかわる生活について説明していきます。

 

そもそも第5世代移動体通信「5G」とは

さて「5G」とはそもそも何のことでしょうか。

なんとなく携帯に関連するだろうと思っているけど、正確なところはよくわかっていない人もいるのではないでしょうか。

では解説していきます。

そもそも「5G」とは第5世代移動体通信のことを意味しています。

現在の実用化されている第4世代移動体通信「4G」 の次の世代の通信方式です。

2020年実用化にむけて世界のインフラベンダーや携帯各社が取り組んでいます。

 

5Gまでの各世代について

 

(画像引用元:Pixabay)

5Gの説明のまえに、そもそも1Gから4Gまでの進化の過程を説明していきます。

・1Gから2G

携帯電話の普及した時期です。いつでもどこでも電話ができることを実現しました。

・3G

綺麗な音質で電話したい。メールやネットも携帯電話で実現してきました。

写真付きのメールや音楽のダウンロードもできるようになりました。

・4G

映画や音楽などインターネットの様々なサービスをスマートフォンで実現してきました。

パソコンでしていたインターネットのサービスをほとんどできるようになっています。

・5G

高速化とあらゆるものがネットワークにつながること。そして通信の遅延を発生させないことも5Gには求められています。

・5Gの特徴

この「5G」は「4G」より格段に通信速度など向上しています。

では主な「5G」の特徴を記載しましょう。

  1. 高速・大容量化   20Gbps
  2. 低遅延             1ms
  3. 多接続             100万デバイス/1平方キロメートル

 

第4世代と第5世代では何が違うの?

 

(画像引用元:Pixabay)

まずは、前世代となる4Gと次世代5Gの性能を比較してみましょう。

通信速度の向上だけでなく接続デバイス数や低遅延が特徴です。

・通信速度

20倍の通信速度 1Gpps から 20Gpbs へ

・低遅延

10分の1の遅延 10msから1msへ

・接続デバイス数

10倍の接続デバイス数 1平方キロメートルあたり100万

5Gのもたらす世界とは

 

(画像引用元:Pixabay)

5Gの実用化は2020年を目標としています。いったいどんな世界になるのでしょうか。

ここでは5Gによって世界がどうかわるのか予想していきます。

・あらゆるモノがインターネットにつながる世界

2020年には5Gの実用化とデバイスの進化により、あらゆるモノがインターネットにつながっています。

今まではインターネットへつながるデバイスはパソコンであり、そこに携帯電話、そしてスマートフォンが加わっていきました。しかし、今度はもっと爆発的にそのデバイスの種類と数も増えると予測されます。自動車はもちろん、時計、メガネやドアや鍵などアイデア次第ではどんどんモノがインターネットにつながっていくでしょう。

ネットワークにつながるモノが増えて、それらが相互に連携することで、とても便利になっていきます。

たとえば、ランドセルや靴がインターネットにつながると子供の居場所をすぐに確認することができます。また、走行中の車や自転車などに子供が近くにいることを伝えることで、安全に歩行することができるようになります。

こういった相互にインターネットにつながることで、今までできなかったことが実現するのです。

一方、通信速度や同時接続数の増加が実現するとスポーツ観戦などで、より臨場感のある観戦方法がおこなわれるかもしれません。選手一人一人にカメラがつけられ選手と同じ目線で試合を観戦したり、立体映像を投影してすぐそばでプレイしているような迫力を味わったりすることも5Gの技術なら可能です。

さらに、自動車は完全に自動操縦することも5Gなら可能です。そんな世界が実現すると移動中も仕事ができるようになります。もしくは移動中、家族全員で映画を見たり、食事をすることも自動運転ならできます。

これらの例を2020年にすぐに実現するかと言えば、むずかしいですが、5Gという土台ができればやがて実現することでしょう。

5Gで変わるネットワークエンジニアの生活

ではネットワークエンジニアの生活は5Gでどうかわるのでしょうか。

基本的には携帯電話やスマートフォン等の通信規格なので、5G実用化してすぐには影響は少ないかもしれません。

とはいえ、職場にパソコンとスマホ以外のデバイスが導入されることが予想されます。そして、それらはインターネットにつながるので仕事も様変わりするでしょう。

ここでは5Gによるネットワークエンジニアへの影響を考えてみたいとも思います。

5G対応機器への切り替え

 

(画像引用元:Pixabay)

まずは、5G対応機器への更新案件が増えることが予測されます。あらゆるモノがネットワークにつながるようになれば、当然業務での使用も増えてくるでしょう。

たとえば、自動車がネットワークにつながるようになった場合、インターネットだけではなく社内ネットワークに繋ぐことも十分に考えられます。パソコン以外の機器がどんどん社内ネットワークへ繋ぐようになれば、インフラも業務に耐えれるように機器を更新することになるでしょう。

また、5Gではネットワーク遅延がないことを大前提としたサービスが生まれてくることが実現するといわれています。

たとえば、自動運転や遠隔による手術などです。 このようなサービスを支えるためにも冗長構成化などインフラ設備の増強が考えられます。

・基地局の設置

5Gを普及させるために基地局や中継装置の設置など物理的な設備増強が行われるため、無線技術に強いエンジニアには仕事が多くなると予想されます。

・運用、保守が重要

さらに企業においてもパソコンやスマートフォン以外にもネットワークにつながる場合、それらを管理するネットワークの運用・保守体制の増強・アウトソーシング化の増加も考えられます。大量のトラフィックをさばく必要があるためです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

第5世代移動体通信(5G)がはじまることで映画のような未来世界が現実のものとなる日がもうすぐそこまで迫っています。今では当たり前となったスマホも、その利便性はよく考えたらSF映画のアイテムそのものですよね。

これからたくさんのモノがネットワークでつながることで、インフラを支えるネットワークエンジニアのやりがいと責任も一気に加速することでしょう。

加速するインターネット社会に遅れをとらないようネットワークエンジニアとしての知識を深めていくようにしましょう。

Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.