IT業界の就職・転職

画像引用元:Pixabay

皆さんは「ネットワークエンジニア」「システムエンジニア」「プログラマー」の違いをきちんと説明できますか?

IT業界のエンジニアを就職先として検討している方は、必ずこの違いを理解しておく必要があります。

「少し調べたことがあるけどイマイチ分からなかった」、「なんとなく理解しているけど上手く説明できない」という方も含め今回はこれらの違いを仕事内容の違い、転職で知っておいた方がよいことを、簡単に分かりやすく説明したいと思います。

仕事内容の違い

gears-65838_1280
画像引用元:Pixabay

プログラマーの仕事

プログラマーはその名の通りコンピュータのプログラムを作成する仕事です。様々なプログラミング言語を駆使して開発を進めていきます。必要になる専門知識は、HTML・CSS・JavaScript・プログラミング言語・データベースなどです。定められた期限の中で不備のない開発を進めなければならないので常に時間との戦いです。

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアの仕事の範囲は非常に広いです。まずクライアント(お客様)とのヒアリングで、どのようなシステム(ソフトウエア)を必要としているのかを分析します。その上でどのような構成にするかなどの細かいシステム設計をします。

実際のプログラミングはプログラマーの業務ですが、その後プログラマーによって開発されたシステムをクライアントに納品し、その後のアフターフォローまでも担当するのがシステムエンジニアの仕事です。

コンピュータのシステム(ソフトウエア)の開発の一連の流れで、企画・設計・開発・運用全てをとり行うのがシステムエンジニア、その中の開発の中枢を担当するのがプログラマーです。

ネットワークエンジニアの仕事

ネットワークエンジニアは、コンピュータとコンピュータをつなぐ環境を設計し導入をおこない、その後はトラブルが起きないか監視します。ネットワーク異変時には、迅速に原因を突き止めて回復作業を行わなければなりません。

システムエンジニアが開発一連の流れを全て担当するのに対して、ネットワークエンジニアは主にネットワークの設計と提案をする人、構築と保守をする人、監視と運用をする人とに仕事内容が分かれています。キャリアパスの中でそれぞれ経験することが多く、業務内容によって給与形態も大きく変わってきます。

転職で知っておくべきポイント

digital-388075_1280
画像引用元:Pixabay

残念ながら、未経験からいきなりシステムエンジニアに就職することは難しいです。しかしプログラマーからシステムエンジニアへの転職は可能です。システムエンジニアの方が仕事の幅も広く、知識と経験が必要な分、平均的に給与もプログラマーより高いと言えます。

ネットワークエンジニアであれば未経験でも、採用してくれる会社はあります。
しかしいずれにしても、根気強く勉強し続ける姿勢が大切です。

ITエンジニアに共通して必要なことは、高いコミュニケーション能力と問題解決能力です。様々な人と関わりあってプロジェクトを進めるのでコミュニケーション能力は不可欠です。

またコンピュータやネットワークのトラブルは頻繁に起きます。その際に論理的に問題を捉え、迅速に解決していかなければなりません。トラブル発生時には日夜問わず対応しなければならないため体力も必要です。

おわりに

architecture-22039_1280
画像引用元:Pixabay

「ネットワークエンジニア」「システムエンジニア」「プログラマー」の違いを理解して頂けたでしょうか。ITエンジニアを目指すのであれば必死に勉強する必要がありますが、IT業界はこれからも伸びていく分野ですので、IT専門知識を身につけていくことは今後も役に立つでしょう。

最終的に自分の目指すところを設定して、それに向けて就職活動を進めていきましょう。

この記事を書いた人

YAYA
YAYA

化粧品メーカーでの研究開発、商品企画、また調剤薬局での薬剤師としての勤務経験を経て、現在はオランダで英語を身につけながら、執筆活動に取り組んでいます。
Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.