ITの就活情報

ITエンジニアを志すにあたって、「IT関連の資格を取得した方がいいのだろうか?」、「IT関連の資格にはどのようなものがあるのか?」というように考える方は多い事でしょう。
今回は日本におけるIT関連の国家資格・民間資格をご紹介していきます。

基本情報技術者(国家資格)

経済産業省が主催する「情報処理技術者試験」という国家資格試験があります。基本情報技術者とはその中の区分の一つであり、れっきとした国家資格です。対象者像として、試験要網には「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」と記載されています。
その名前の通り、主にプログラマー・システムエンジニアなどのIT職に従事する人、あるいはこれから従事しようとする人達が受験する試験です。試験ではIT業界で働くために必要な基本的知識を持っているか、情報処理に必要な論理的な考え方はできるかなどが試される問題が出題されます。また経営や管理についてもある程度の知識が問われるため、試験勉強を通して全般的なIT力の向上が望めます。
同じ情報処理技術者試験のITパスポートと異なる点は、やはりプログラムに関する知識が求められることでしょう。平成21年度から新試験方式に移行し午後の選択問題で表計算が選択できるようになったとはいえ、データ構造・流れ図・アルゴリズムなどは出題されます。
この「基本情報技術者」を受験するスキルが備わっていないと自己判断した場合は、その一歩前の「ITパスポート」を受験することをオススメします。ITパスポート試験がIT社会へのパスポートという意味合いであるのに対して、基本情報技術者はIT業界へのパスポートと位置づけとなります。しかし、ITエンジニアの資格として活用するのであれば、入門編のITパスポートはあまり意味が無いので、基本情報技術者の取得を目指しましょう。

応用情報技術者(国家資格)

応用情報技術者試験は上述した、「基本情報技術者」の上位資格に位置づけられます。試験内容は必ずしもソフトウェアの開発技術者のみが対象ではないというのが特徴です。対象増として、試験要網には「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」と記載されています。
基本情報技術者がITの基本的知識・技能が備わっているかを問う、主に学生や新人を対象にしていた試験であることに対して、応用情報技術者はある程度の業務経験を積み、IT技術や企業活動に対するに関する深い知識を備えている者を対象としてます。受験者の平均年齢29〜30才であることからも、業務経験5〜6年ほどの中堅のプログラマーやシステムエンジニアが受験者の中心であることが容易に想像できます。試験に合格すると、ITエンジニアとして応用的な知識や技能を有していることを証明できますので、実務経験を積んだ中堅エンジニアにもっとも適した資格だといえるでしょう。
もちろん、現役エンジニアではない方も受験は可能ですので、ITエンジニアとして就職・転職したい場合はあらかじめ取得しておけば、就職・転職活動が有利に進めることが出来るのではないでしょうか。

LPIC(民間資格)

LPIC(エルピック)はNPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が実施する、全世界共通・最大規模を誇るLinux技術者認定資格です。2013年に@IT自分戦略研究所によって行われた「ITエンジニアのキャリア意識調査」にて、「最もキャリアアップにつながった資格」「最も実務で生かせた資格」などで1位に選ばれたこともあります。また、LPI公式の調査によると資格取得後の満足度89%とのことであり、メリットを感じる方が多いのが特徴です。
LPICの正式名称は正式名称は「Linux技術者認定試験(Linux Professional Institute Certification)」。カナダに本部を置くNPO法人Linux技術者認定機関「LPI(エルピーアイ)」によって運営されています。2016年12月時点で世界で53万人以上の受験者がおり、かつ18万人以上が認定を受けている資格です。公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められており、200か国以上の技術者が受験しています。試験のグレードは、簡単な方から「LPIC-1」「LPIC-2」「LPIC-3」の三種類です。 ステップアップ型の認定構成になっているため、上位試験を受けるためには下位試験に受かっている必要があります。
LPICを取得するメリットはLinuxを扱えるという技術の裏付けになるだけでなく、「試験対策を通じてLinuxの知識が一通りつくこと」が挙げられます。LPIによると日本企業の約7割でLinuxが導入されており、インターネットサーバの50%以上がLinuxと高いシェアを誇っています。Linuxを導入している企業で働くエンジニアや、Linuxを取り扱う企業への転職を考えているエンジニアは、是非取得しておきたい資格です。

シスコ技術者認定(民間資格)

シスコシステム社が実施している、ネットワーク技術者や管理者を対象とした技術認定資格です。ネットワークエンジニアを目指す、もしくはネットワークエンジニアとしてステップアップしたい方にとっては欠かせない資格でしょう。認定には5つのレベルがあり、合格した後も再びテストを受けて更新しなくてはならないので、資格保持者のスキルが一定レベル以上はしっかりと備わっている証明になります。
シスコ技術者認定については詳しく説明された記事がありますので、ご一読下さい。

CCNAの資格とその勉強法について

CCNAの資格とその勉強法について

シスコ技術者認定プログラムの最高位資格『CCIE』とは

シスコ技術者認定プログラムの最高位資格『CCIE』とは


いかがでしたか?
今回は4つの資格についてご紹介させていただきましたが、実際はもっとたくさんの資格があります。それらの資格は目指すITエンジニアの種類によって必須である資格もあれば、汎用的に役立つという資格もあります。
資格を活かして、より良い環境で仕事が出来るといいですね。

Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.