ITの就活情報

ネットワークエンジニアを目指す方、そして現在ネットワークエンジニアとして活躍されている方が気になるポイントといえば、「ネットワークエンジニアの将来性」ということでしょう。

もちろん、現状の給与や待遇、勤務環境なども気になるポイントではありますが、目指す職業・自身の職業の将来性は気になるポイントの上位といっても過言ではないはずです。
今回はネットワークエンジニアの将来性について説明していきましょう。

現状のネットワークエンジニアの将来性

エンジニア関連のトピックスを検索すると、「不景気」、「リストラ」など、マイナスな表現が見受けられるでしょう。しかしそれらのマイナス事象はエンジニアにのみ言えることだけではありません。また、本当に業界全体で不景気になるのであれば噂レベルではなく、ニュースとして報道がなされていることでしょう。よって、これらのマイナスイメージはさほど気にする必要はありません。
ネットワークエンジニアについては、特に現代社会において需要が増している職業といえるでしょう。昨今ではクラウドサービスが徐々に定着し始めているうえ、インフラ整備を中小企業も行うようになったため、設計や構築の面でもまだまだ需要はあるでしょう。そして大企業が既に構築し終えた既存のインフラの運用と保守という重要な仕事もあるので、仕事がなくなることがないどころか、人手が足りないという現場もあるほどです。よって現状では、将来性は安定しているといえるでしょう。

ネットワークエンジニアが身につけるべきスキルとは

インフラがどんどん整備されていき、クラウドサービスが普及し始めた今、各企業・サービスが恐れているのが不正アクセスやネットワークトラフィックといった、現代のネットトラブル解消です。数年前のネットワークエンジニアはこのような問題に直面することがなかったため、これらの新しい問題を保守・解決するスキルを身につけることが早急に求められています。つまり、業界の新しい技術や流れに応じて、新しいスキルを身につけていくことが出来るネットワークエンジニアが重宝され、将来性が保障されているといっても過言ではありません。
また、ネットワークエンジニアにはいくつか資格があります。ネットワークエンジニアを目指す方が取得した方がいいポピュラーな資格として、世界規模の大手企業シスコ社の技術者認定資格であるCCNAです。ネットワークの基礎を学ぶのに最適で、未経験者に適した資格です。逆に、現在ネットワークエンジニアとして活躍されている方にとっては必要のない資格ともいえます。現役のネットワークエンジニアの方は、ITの基礎を学びたい時に最適な基本情報技術者試験を受験するとよいでしょう。。こちらは国家資格で、知識や技術が一定水準以上であるという証明書のため、転職の際に便利といえます。

ネットワークエンジニアのキャリアアップに必要なスキルは?

資格について上述しましたが、ネットワークエンジニアが転職などでキャリアアップする際に必要なスキルは、資格ではないのが現状です。資格以外の部分で必要なスキルを特化していなくては、いくら資格や能力があっても転職で採用を掴むのは難しいのが現状です。
ではどんなスキルが必要なのでしょうか?
まず一つ目に挙げられるのが、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力はネットワークエンジニアに限らず、どの職種、企業でも重宝されているスキルのため、人間としての基礎的スキルとして必須事項とされています。エンジニアという職業にコミュニケーション能力が不要ではないかと考える方が多いのですが、実際は必要な能力です。例えばネットワークを構築する際、ネットワークエンジニアとクライアントのヒアリングをします。この時にコミュニケーション能力に長けているネットワークエンジニアの場合は、相手の目線に合わせて、専門用語を分かりやすい言葉に置き換え、自然体で打ち合わせをすることができます。しかし、コミュニケーション能力が不足しているネットワークエンジニアの場合、自分自身の考えを押しつけがちになり、また分かりづらい言葉で説明してしまうなど、クライアントとの会話がうまくいかないというケースがよく見受けられます。このように、ネットワークエンジニアにはコミュニケーション能力は必要不可欠なのです。
そして二つ目に挙げられるのが、セキュリティとネットワークの知識です。セキュリティといってもかなり広い範囲ですので、ネットワークエンジニアにとって必要であるTCP/IPレベルのセキュリティ知識を身につければよいでしょう。ネットワークではDNS、WWWサーバなどのインターネット系の知識が必要となります。これらは参考書を読むなどの独学でも知識を習得可能です。また、情報処理技術者試験などの資格を取得する狙いを持って勉強するのも得策といえます。

いかがでしたか?
現状、ネットワークエンジニアの将来性は明るいということがお分かりいただけたでしょう。
しかしその明るい将来性にあぐらをかくのではなく、自らでスキルアップしていき、常に最先端をいくネットワークエンジニアになることができれば、将来性の保障はもちろんのこと、キャリアアップも夢ではありません。

Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.