ITキャリアアップ

ネットワークエンジニアの将来

ネットワークエンジニアやインフラエンジニアの仕事は、一般的な社会人に比べると給料が高い部類に入るので人気の職種になりつつあります。
また、今後はIoTが普及していくことになるため、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアの需要も高まっていきます。

ネットワークエンジニアとして生き残るためには

(画像引用元:Unsplash)

まずはネットワークエンジニアとして生き残っていくポイントについて解説していきます。

独学で勉強をしてきた方が今後ネットワークエンジニアとして生き残っていくためには、日々スキルを磨き続けることが大切です。

現在では、ネットワークエンジニアにとってインターネット環境を構築できることは当たり前になってきています。
むしろパソコンから周辺機器へのネットワーク構築ができないと、企業からの信頼を失ってしまう可能性があります。

つまり、基本的なネットワーク構成ができるうえで他のネットワーク構成ができるようになると、あなた自身のインフラエンジニアとしての希少性が高くなるのです。

たとえば、A、B、Cという3つのネットワークスキルがあるとします。

いずれも難易度は高いですが、後者にいくほど難易度は上がっていきます。

Aは基本的な知識さえ頭に入っていれば、半数以上が受かる資格です。
Bは知識の応用、Cは実際に仕事で問題が起きたときに、どうすることが正しいかを選択していく資格だとします。

Aという資格は、半数以上の人が受かる資格なので、企業側も「この資格を持っているんだ」くらいに受け止められることが多いと考えられます。
しかし、AとBの資格を両方持っていると「お!なかなかできる人材だな」という印象に変わります。
この時点で、Aの資格だけを持っている人よりも希少性が高まったことになります。
さらに、AとBとCの資格をすべて持っていると「こんな資格まで持っているのか!是非ともうちに来てほしい!」という印象に変えやすいのです。

あなたがもし、Aの資格だけを持っている人間と、A、B、Cの資格をすべて持っている人間をどちらか採用するとなったら、自然と答えは決まりますよね。

つまり、インフラエンジニアには「どのエンジニアの仕事でもこなせる」ために、日々の勉強が重要になってくるのです。

では次に、インフラエンジニアについてご紹介していきましょう。

インフラエンジニアとは?

(画像引用元:Unsplash)

そもそも、インフラエンジニアとネットワークエンジニアは、企業によって解釈が違うことをご存じでしょうか。

ネットワークエンジニアをソフト系専門、インフラエンジニアをハード系専門と定めている企業もあれば、ネットワークエンジニア自体をインフラエンジニアとして定めている企業もあるのです。
また、ネットワークエンジニアは、インフラエンジニアが担当しているカテゴリの一つなので、インフラエンジニアの方がネットワークエンジニアよりも担当領域が広いのです。

仕事内容は、簡単に言うとネットワークの環境を作り、快適にインターネットを使えるように整備する仕事です。
インフラの設計から構築、運用、障害対応などまで行っていきます。

クライアントのニーズをくみ取ることはもちろん、基本的に大人数のチームで案件を進めていくため、対人能力が非常に求めまれます。
また、早く正確に作業をこなしていくことや管理能力、高い専門知識も必要となってきます。

インフラエンジニアが今後生き残っていくためには?

(画像引用元:Unsplash)

現在インフラエンジニアを取り巻く環境は、以前のようにHTML、CSSさえ出来ればITエンジニアと呼ばれる時代ではなくなってきています。
みんながプログラミングについて勉強をし始めているので、ライバルとの差をつけることも考えなくてはなりません。

すでにWEBアプリの時代になっているので、Javascript、JAVA、PHP、Rubyのような鉄板プログラミングスキルのうち1つでもマスターしておけば、まず問題はないかと思います。

中でもJavascriptはおすすめです。
ほとんどの新しい言語、プラットフォームはほとんどこのJavascriptが使用されています。
基本的な言語ながらこれ1つでほとんどのことが可能になりますし、何か困った時に解決策も簡単に見つかるかと思います。

しかし、人気の言語である分、競合性は高まります。
そのため、他のライバルとの差別化を図るためにも他の言語も学んでおくことをおすすめします。

また、最先端技術の知識とPythonのような最先端技術を使いこなせるようなプログラミングスキルも必要となってきます。
具体的には以下のようなスキルがあると良いでしょう。

・人工知能(AI)

人工知能に関する仕事はまだまだ少ない状況ですが、その市場は必ず大きくなっていくため、人工知能を使いこなせるエンジニアは重要となってきます。

・ロボット

ロボットは人工知能との相性が良く、今後さらに開発技術が発達していくでしょう。
最近では、実際にホテルなどの受付にロボットを導入している例もあります。

ロボットに関する仕事もまだまだ少ない状況ですが、ロボットの開発だけでなく、ロボットに搭載されるアプリの開発に関わる仕事が増えていくと考えられます。

・ビッグデータ解析

技術の進歩によって今までにないほどの大量のデータを取り扱える時代となりました。

企業はビックデータを解析することでマーケティングに反映するなどの企業戦略をとっています。
これに付随してビックデータを取得するためのアクセスログを自動で収集するようなインフラの仕事が増えてくるでしょう。

・セキュリティ

様々なものがIT化されて便利になるほど、セキュリティに注意する必要があります。

特にサーバセキュリティ対策や運用に関する仕事が多くなってくるでしょう。
インフラだけでなくアプリ側でもセキュリティに関する知識やスキルを高めていくことをおすすめします。

未経験でもIT業界は狙える?

ここまでの解説だと本当に未経験でもインフラエンジニアになれるのか不安になるかと思います。

結論から申しますと、未経験の方でもインフラエンジニアになることは可能です。

大規模なインフラの場合だとかなりの大人数のチームを組む必要があるため、人数も多く必要です。
実際に「採用しても採用しても現場の人数が足りない」といった声も多いです。

インフラエンジニアはクライアントと長期的に付き合うことになりますし、高度な専門知識が必要となるため、未経験の方でも十分に業務を行えるように入社前・入社後にしっかりと研修を行っている企業が多いです。

未経験の方でも十分に知識がついてから案件に配属される形になるので安心ですね。

まとめ

(画像引用元:Unsplash)

ここまで「”生き残るインフラエンジニア”になるための知識」をご紹介してきました。

ぜひ、あなたも企業から必要とされる「インフラエンジニア」を目指していきましょう。

Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.