ネットワークエンジニアのあれこれ

(画像引用元:ぱくたそ

ほとんどの企業は社内インフラの整備を行うことから、安定した需要が見込めるネットワークエンジニアの仕事。しかし、「ネットワークエンジニアは安定した仕事か?」といった質問をQ&Aサイトで目にすることもあります。

そこで、ネットワークエンジニアの収入や雇用形態、安定した仕事に就くためのステップアップのポイントなどをまとめました。

ネットワークエンジニアとして「上流工程」を目指そう


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアの仕事は「ネットワーク運用・監視」と「ネットワーク構築・保守」、「ネットワーク設計・提案」に分かれ、後者ほど上流工程になります。

ネットワークエンジニアとしてスタートを切るには、「ネットワーク運用・監視」の仕事は未経験でも就きやすいですが、サポート業務で年収のアップを望むことは難しいです。

IT業界は建築業界と同様の下請け構造であり、単調な作業の長時間労働となりやすいことからIT土方と揶揄される向きもあります。中でもネットワークエンジニアは、ネットワーク構築の際に、サーバーの運搬やケーブルの接続といった作業に携わるケースもあることから、IT土方と呼ばれやすいです。

しかし、「ネットワーク設計・提案」の仕事では、マネジメント力やプレゼンテーション能力も問われてきます。

ネットワークエンジニアの転職では、年収面だけにこだわらず、上流工程の仕事に関われる仕事を選んでいくことが、やりがいや将来的な年収のアップにつながっていきます。

ネットワークエンジニアの雇用形態と年収


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアの年収は正社員で400万円~600万円、派遣社員で300万円~500万円程度がボリュームゾーンです。

ネットワークエンジニアの雇用形態として「派遣」も多いことが、安定性を不安視されやすい要因の一つとなっています。ただし、ネットワークエンジニアの派遣では、一般的な事務職などに多い「登録型派遣」のほかに、「常用型派遣」も多いのが特徴です。

常用型派遣は、正社員として雇用されて、派遣先の企業に常駐する働き方です。「登録型派遣」よりも賃金が低めの傾向ですが、派遣先企業との契約が切れた期間も、正社員として給料の支払いを受けることができます。

派遣では多くのプロジェクトに関われること、IT業界での人脈がつくれることがメリットにあげられます。

しかし、派遣の中でも特に「登録型派遣」は、年齢が上がるにつれて仕事をみつけることが難しくなります。一定期間派遣として働いてスキルを身に付けた後、IT企業での正社員のネットワークエンジニアの仕事をみつけることも視野に入れておきましょう。

ネットワークエンジニアの資格と年収の関係


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアの転職で重視される資格は、ネットワーク関連機器メーカーであるシスコの技術者認定資格です。CCNTがエントリー資格で、基礎レベルのCCNA以上を取得していると企業に評価され、上位資格のCCNP、最上位資格となるCCIEもあります。

ネットワークエンジニアではシスコの資格の取得が年収アップにつながりやすく、CCIEを取得することで年収700万円~1000万円クラスを目指せます。

実際のネットワークエンジニアの業務では、論理的な思考力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力なども必要とされますので、資格の取得が収入のアップに結びつくとは限りません。しかし、ネットワーク関連のスキルを証明する手段として、資格の取得は有効です。

まとめ

ネットワークエンジニアとして安定した仕事に就いて、年収のアップにつなげていくためには、上流工程に携わることを目指すこと大切です。また、CCNA以上のシスコの資格を取得すること推奨されます。

与えられた仕事をこなしていくだけではなく、自ら学んでいく姿勢が必要となります。仕事の幅を広げつつスキルアップを図っていき、企業に必要とされ続けるネットワークエンジニアになりましょう。

この記事を書いた人

Yui Umehara
Yui Umehara

メーカーで事務職として勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、住宅関連の会社いくつかで勤務。結婚、出産を経て、ライターとして活動中。過去の転職の経験から得たコツなどをお伝えします。
Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.