ITの就活情報

(画像引用元:ぱくたそ

現代社会ではIT技術の発達により、コンピューター機器やネットワークに関する仕事も多く登場しています。コンピューターネットワークを扱う専門家「ネットワークエンジニア」も、IT時代に登場した職種のひとつです。

このページではネットワークエンジニアの職種の内容や、必要になりやすいスキルについてご紹介しましょう。「ネットワークエンジニアって難しそう……」とお悩みの方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ネットワークエンジニアとは


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワーク(コンピューター機器同士の通信ネットワーク)の設計・構築・監視・運用を担うプロフェッショナルのことです。
それぞれの工程について詳しく見てみましょう。

1 コンピューターネットワークの設計

「設計」の段階では、クライアントの要望にそって、社内LANをはじめとするコンピューターネットワークの設計を行います。単にネットワークをつなげるだけでなく、各コンピューターのセキュリティや、今後の利用者の増減を考えたシステムづくりが求められるところが特徴です。

ネットワークエンジニアの仕事の中でも特に高度であり、技術者が不足している工程ともいえます。

2 コンピューターネットワークの構築

1の工程で作成された設計書をもとに、実際にネットワークシステムを構築する工程です。設計書にあるネットワーク機器の発注、設置、動作テストなどを担当します。

3 コンピュータネットワークの監視・運用

ネットワークのアクセス不備等のトラブルに対応する工程です。「急にネットに繋がらなくなった」「重要なファイルにアクセスできなくなった」など、クライアントからのSOSに対応します。ネットワークエンジニアの経験者はもちろん、未経験者でも就業しやすいセクションです。

ネットワークエンジニアに求められるスキル


(画像引用元:ぱくたそ

コンピューターネットワークの専門家である「ネットワークエンジニア」には、以下のようなスキルが求められます。

コンピューターシステムおよびネットワークに関する専門知識

ネットワークエンジニアには、ネットワークシステムと、ネットワークの基盤となるコンピューターシステム(OSやソフトウェア)双方の専門知識が求められます。
IT技術は日々進歩しているため、継続的な勉強が求められる点も特徴です。

コミュニケーション能力

ネットワークエンジニアは、クライアントやプロジェクトチームと積極的にコミュニケーションをとる必要がある仕事です。コミュニケーション能力は、技術力や専門知識と並んで求められやすいスキルといえます。

英語

ITの最新技術は、ITの本場であるアメリカから発信されます。つまり最新の技術を最速で学ぶには、自分で英語のドキュメントを読解できるスキルが必要です。さらに、ネットワークエンジニアの最上位資格と名高い「CCIE」の受験には英語スキルが不可欠となります。

「英語苦手なんだけど……」という人は、とりあえずエンジニア用語の英単語を覚えることから始めてみましょう。英文の技術書が読めるようになれば、最新の知識を持つネットワークエンジニアとして多様な働き方ができるようになりますよ。

ネットワークエンジニアの将来性は?


(画像出典元:ぱくたそ

最後に「ネットワークエンジニアの需要」についてですが、今後も増加していく事が予想されます。

総務省の調べによると、平成25年度末の時点における「インターネットの人口普及率」は82.8%。中でも最も多く利用されている端末は、「自宅のパソコン」という結果が出ています。インターネットの利用者の推移も年々上昇しており、今後もインターネットはビジネス・私生活における重要な情報ツールとして活用されていくことが予想されます。

ネットワークの設計から整備までを担うネットワークエンジニアは、今後も長く活躍できる職種のひとつといえるでしょう。

おわりに

ネットワークエンジニアの仕事内容や、将来性についてご紹介しました。

ネットワークエンジニアは、未経験者からでも業界に参入しやすい職種です。就業前に一ヶ月間以上の研修期間を設けるなど、人材の育成に力を入れている企業も多く、求人も見つけやすい業界といえます。

ネットワークエンジニアに興味がある方は、恐れずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ritfiles
ritfiles

音楽と映画の世界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。
Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.