ネットワークエンジニアのあれこれ

(画像引用元:ぱくたそ

「ネットワークエンジニアってどんな仕事なの?」

「そもそもネットワークって何?」

現職ではない人にとっての「IT職」は、用語の聞き慣れなさもあいまって、なんとなくハードルが高い仕事のように思われがちです。このページでは、ネットワークエンジニアの概要について、IT初心者にもわかりやすくまとめてみました。ネットワークエンジニアに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ネットワークエンジニアとは


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークのデザインから運用までを一手に担うプロフェッショナルのことです。

コンピューターネットワークって?

コンピューターネットワークとは、独立したコンピューター群をケーブルや無線等でつなぎあわせ、情報を受発信できるようにする仕組みのことを指します。今あなたが閲覧しているインターネット(ワイドエリアネットワーク)も、コンピューターネットワークのひとつです。

ネットワークエンジニアは、この「コンピューターネットワーク」を、クライアントの要望をもとにデザイン・運用することを職務としています。原因不明のトラブルによって切断されたネットワークを復旧したり、インターネットへの繋げ方がわからない人をサポートしたりするのも、ネットワークエンジニアの職務の一環といえるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事の流れを見てみよう


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアの仕事は、大きく分けて「上流工程」と「下流工程」の2つに分類できます。

それぞれの仕事の流れを見てみましょう。

上流工程

優秀かつ経験豊富なネットワークエンジニアが任されやすい工程です。クライアントがどのようなネットワークシステムを求めているのかをヒアリングしたうえで、ネットワーク構成を設計します。

導入するネットワーク機器の種類、ケーブルの配線図、クライアント先に機器を納入するスケジュール、配線業者の手配など、ネットワークシステムの提案から導入までを総合的に考えたうえで設計を行うため、ITに関する知識はもちろんのこと、企画力やマネジメントスキルそしてコミュニケーション能力も求められるところが特徴です。

下流工程

ネットワークエンジニアの経験者をはじめとして、研修を受けた業界未経験者も担当になりやすい工程です。ネットワークシステムの設計書をもとに、クライアントのオフィスなどにて、ネットワーク機器の設置や配線を行います。ネットワークシステムの動作確認や、システム導入後の運用およびアフターフォローも仕事のひとつです。

なお、各工程はそれぞれ別のエンジニアが担当するケースが多いです。もちろん、規模の小さいネットワークであれば、設計から運用までを一人のエンジニアが担うこともあります。

ネットワークエンジニアに求められるスキルとは


(画像引用元:ぱくたそ

ネットワークエンジニアには、ネットワークの構築に関する専門知識や実務経験が求められます。シスコ認定ネットワークアソシエイト(CCNA)資格など、ネットワークエンジニアの関連資格を所持していると尚よいでしょう。

もちろん、業界未経験者が研修やOJTを通してスキルをつけていくケースも多いので、未経験であることを恐れずに、意欲的に勉強することが大切といえます。

ちなみに、持っていると大きな強みになるスキルは、「コミュニケーション能力」です。ネットワークエンジニアはクライアントを始めとして、多くの人とコミュニケーションを取りながらチーム単位で仕事を進めていきます。

また、IT知識のない利用者にシステム等の概要を説明することも多いため、相手の知識にあわせたプレゼンテーション能力があると尚有利でしょう。

おわりに

ネットワークエンジニアの概要や、求められるスキルについてご紹介しました。

ネットワークエンジニアは、やる気さえあれば未経験からでも参入しやすい職種です。ネットワークエンジニアの需要の高まりにより、人材の育成に力を入れている企業が多い点も特徴といえます。

「文系だから無理かも」「経験ないから難しそう」と恐れずに、エンジニアへの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ritfiles
ritfiles

音楽と映画の世界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。
Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.