ネットワークエンジニアのあれこれ

(画像引用元:写真AC

IT業界を目指している人のなかには、ネットワークエンジニアの仕事に関心をもっている人もたくさんいると思います。多くの企業でネットワークをゼロからつくりあげるネットワークエンジニアは欠かせない存在となっています。

今回は、そんな社会的に非常にニーズの高いネットワークエンジニアの仕事内容をご紹介します。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、コンピュータのデータを快適に送受信できるようにネットワークインフラの設計から運用・構築・管理まで行うので、業務範囲が幅広く、専門性の高い仕事です。

システムエンジニアと混合されることがありますが、ネットワークエンジニアが「ネットワークシステム」をつくる仕事であるのに対して、システムエンジニアはプログラミング言語を用いて「コンピュータシステム」をつくる仕事です。

ネットワークエンジニアの仕事内容


(画像引用元:写真AC

ネットワークエンジニアの仕事は、「設計」「構築」「運用」「保守」の4つに分類されます。それぞれの具体的な仕事内容をみていきましょう。

ネットワークシステムの「設計」

まず、ネットワークシステムの設計を行います。各機器をどの場所に設置し、どのような設定を行うか詳細な設計書を作成しなければなりません。お客様のニーズに沿ったシステムを構築するための情報収集をして、費用対効果のバランスがとれたシステム設計をすることが求められます。

設計した提案書を元に、お客様に説明をするのもネットワークエンジニアの重要な仕事なので、コミュニケーション能力も必要です。

ネットワークシステムの「構築」

設計書を元に各機器を設置し、想定通りに動作するか検証を行います。構築は規模に応じて、複数でチームを組んで仕事を進めていくケースが多いです。設計通りにいかないことも多々あるので、どんな問題が発生しても対応できるように、ネットワークに関する高い知識とスキルを身につけておくことが必要です。

ネットワークシステムの「運用」・「保守」

ネットワークシステムの構築後は、維持をするために、運用や管理そしてメンテナンスが必要になります。

具体的には、新しいニーズが生じたり変更が生じたときに、ネットワークの増設やソフトウェアの変更などを行います。

また、障害が発生した場合には、原因を解明して正常に作動するように迅速なトラブル対応が求められます。ネットワーク環境を監視してトラブルを未然に防ぐのも、ネットワークエンジニアの役割です。

近年ネットワークセキュリティ技術の分野が急速に発展しており、セキュリティインフラを熟知したエンジニアの存在はどの企業でも切望されています。個人情報保護の流出やデータの不正な持ち出しを未然に防ぐことは企業の信用に関わる重要な問題です。

これからネットワークエンジニアを目指す人も、ネットワークエンジニアとしてキャリアアップを目指している人も、ネットワークセキュリティに関する幅広い知識を身につけておくことが必須といえます。

ネットワークエンジニアに向いている人とは?

IT関連のエンジニアになるには、理系の知識や素質が求められると思われがちですが、ネットワークエンジニアに関しては、文系か理系かはあまり関係ありません。

ネットワークエンジニアは日々進化するネットワークの技術を生涯学び続ける必要があります。そのため、常に新しい知識を得る努力ができることや、知的好奇心が旺盛である人が向いていると言えるでしょう。

また、ネットワークに関連する文書は英語で書かれているものも多いので、英語が苦手な人よりは得意な人の方が仕事をする上で有利でしょう。

ネットワークエンジニアの仕事の魅力


(画像引用元:写真AC

ネットワークエンジニアは、自分で設計したネットワークを導入してもらうという達成感や喜びを感じられるお仕事です。チームで活動をすることも多いので、仲間意識が芽生え、達成した時の喜びを分かち合えるのもこの仕事の魅力といえます。

まとめ

常に新しい技術を学べるネットワークエンジニアの仕事は、刺激とやりがいのあるお仕事です。ネットワークエンジニアを目指すなら、専門性を高めることやスキルを磨くことを怠らず、市場価値を高める努力をしましょう。そうすれば、企業から求められ、お客様からも信頼されるエンジニアとして活躍することができるでしょう。

この記事を書いた人

Mayuko Kashiwagi
Mayuko Kashiwagi

保育園に通う娘、犬、猫のお世話をする傍らライターとして活動中です。
Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.