ネットワークエンジニアのあれこれ

(画像引用元:写真AC

IT社会の今、ネットワークの設計から構築、運用管理までを担うネットワークエンジニアは、多くの企業から求められる存在です。

そんなネットワークエンジニアに「今からなりたい!」と思っている人にとっては、不安となるのが「未経験でもネットワークエンジニアとして正社員になれるのか」ということではないでしょうか。

そこで今回は、ネットワークエンジニアとして未経験から正社員になるためのステップや必要なものについてご紹介します。

未経験者が正社員に採用されるために必要なこと


(画像引用元:写真AC

実際に仕事をしたことのない未経験者が、ネットワークエンジニアとして正社員採用されるためには何が必要なのでしょうか。

「ネットワークエンジニアがどんな仕事をする職種なのか」ということは最低限知っておくべきですが、「他にどんなスキルや知識が求められるのか」についても押さえておきましょう。

やる気がある

未経験からネットワークエンジニアになろうとしている人を面接官が採用するときには、「強いやる気が感じられる人物」を採用するケースも多いようです。

ITに関わる仕事はすべて、どんどん新しくなる情報を追いかけながら、常に最新のスキルを身につけていかなければなりません。終わりのないスキルアップやスピードの早い情報更新に置いていかれないよう、向上心をもって仕事に臨めるかどうかが適性として見られていると考えられます。

そのため、「やる気」があれば、未経験でも採用される確率が高くなるのです。

最低限のパソコンスキル

ネットワークエンジニアとしての知識が0の状態でも、パソコンを最低限操作できるだけのスキルがあれば、採用の可能性があります。パソコンを開くのもままならないようでは難しいかもしれませんが、通常業務をパソコンでこなせるレベルであれば問題ないようです。

ネットワークエンジニアとしての業務は、設計から運用・管理までと幅が広いため、未経験で入社すると、まずは既存の運用や管理からスタートします。業務に慣れるまでの時間を取れる特徴があるため、未経験でもパソコンを操作できれば、採用の可能性があるといわれています。

正社員採用までのステップ


(画像引用元:写真AC

未経験からネットワークエンジニアとして正社員雇用を目指すのであれば、派遣社員としてスキルを積み重ねてからステップアップするよりも、いきなり正社員採用を狙った方がいいといわれています。派遣社員として雇うときには、高いスキルをもち、即戦力となる人材を求めている可能性が高く、なかなか採用に至らない可能性があるためです。

1からネットワークエンジニアとしての教育を受けて、一人前に成長するためには正社員として採用されているほうが自分自身も安心です。また、指導に時間がかかる分、派遣されている人材よりも正社員のほうが、企業にとって「人」という財産になりやすいというメリットがあります。

ただし、未経験からいきなり正社員になるためには、情報収集をしっかりと行い、戦略的に採用までの活動を行わなければなりません。そこで、IT系の転職エージェントや理系向けの転職サービスなどを利用するのがおすすめです。未経験スタートの場合には、教育体制が整った職場を選ぶように心がけてくださいね。

「正社員になれたら終わり」ではない


(画像引用元:写真AC

ネットワークエンジニアの仕事は、「正社員になれればそれで終わり」というものではなく、新しい技術や情報を常に収集し、学び続けていかなければなりません。特にIT関連の情報は日々進化をしており、そのスピードも早く追いついていくのも大変です。

それでも、新しいことを吸収していくことができるため、大きなやりがいを感じられる職種でもあります。採用時に「やる気」を見られるのも、こうした背景があるためだといえます。

まとめ

向上心をやる気に結びつけて、日々吸収できる力がネットワークエンジニアとして働き続けるためには必要です。そんなネットワークエンジニアの仕事に「やりがいを感じる!」と思ったら、ぜひ未経験であることを臆せずに、挑戦してみてください。

未経験からネットワークエンジニアとして正社員採用を目指すのであれば、こうした特性を踏まえたうえで、採用までのステップに進むようにしましょう!

この記事を書いた人

Nana Tsuchiya
Nana Tsuchiya

東京在住のフリーライター。2011・13年生まれの2男児を育てながら活動中。幼稚園教諭免許・保育士資格保有・ベンチャー企業勤め経験あり。「働き方を考える」をベースに、いろいろご紹介していきます。
Copyright 2011-2016 Net Vision Systems, inc.